【日本国土開発を購入】配当利回り4%超え

マチュピチュ

【ペルー・マチュピチュ】

先日、大和証券での補欠当選を見逃した1887日本国土開発。

先週はなんとなく「縁」を感じて、NISA口座で100株買ってみました。

昨年の仮想通貨投資以来、まだ直観力に自信はありませんが、

1年前と比べると随分と色々とマシにはなってきました。

スポンサーリンク

日本国土開発の割安感

1887 日本国土開発株式会社

3/8株価 624円

PER:6.85倍

PBR:1.09倍

【2018年5月期】

自己資本比率40.9%。

ROA:8.52%

ROE:22.65%

1株配当15円。

株歴の長い人には懐かしい銘柄。

再上場銘柄だし、業種がら急激な成長を期待できる感じではないですが、割安感はあります。

相場が上に行くなら、株価も今よりは上に行くでしょ。

まぁ、結構適当なんですが。

優待・配当株の保有状況

2019年3月10日現在の保有株の株数と平均取得単価。   【NISA口座】

  • 1887 日本国土開発 100株  625円
  • 3512 日本フェルト 100株  450円
  • 6091 ウエスコホールディングス 100株  319円
  • 8591 オリックス 100株 1,574円
  • 8789 フィンテックグローバル  100株  156円
  • 8848 レオパレス21 100株  205円
  • 8912 エリアクエスト 100株  150円

—————————————

取得価格計・時価(総評価損益) 347,900円 350,000円(+2,100円)

【アメリカ株式】 ・KHL 12株 48.5ドル

→3/10 1株あたり時価 32.1ドル

クラフトハインツ(KHL)は、トンデモナイ大暴落からまだ底のままですね。

残念ながら、リバウンドらしいリバウンドもありません。大株主であるバークシャーを率いるウォーレン・バフェットも「買い増しはしない…」とか言っているらしいし、このまま様子見ですね。

それに、世界の先進国では、加工食品を食べない人々が増えているんだとか。

じゃぁなんで持ってるんだ。

一方で、日本株100銘柄の旅は、7銘柄目となりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする