伝説の投資家ジム・ロジャースが「ビットコインはバブル」と発言?

ビットコインとジムロジャース

12/22(金)発の仮想通貨、ナイアガラ大会。

高値からの飛込ダイブからはリバウンドはあったものの、NEMやリップル等の個別で人気な銘柄を除けば、いまだ下げ基調にみえる仮想通貨界隈。

こんなニュースは仮想通貨ガチホルダーを元気づけていることでしょう。

スポンサーリンク

仮想投資(暗号通貨)投資はもう遅い?

けっきょく、

毎日PCやスマホに噛りつき、夜遅くまで何十回も取引所の管理画面を開くようなトレーダーでないなら、丁半博打の「丁か半」。

ルーレットなら「赤か黒か」と同じで、どっちかに賭けるしかないんです。

今年の秋頃から仮想通貨デビュー組は、含み益がどんどん拡大するのにホクホクだったはずですが、12/22を境に「決断」を迫られることになりました。

始めての大暴落に耐えられなくて、含み益があるうちに利確。大きく勝負し過ぎて損切り。または塩漬けを決め込む。

これはもう株とまったく同じで、(いつか)上に行くか、バブルは弾けて今後もダダ下がりなのか自分なりの予測に賭ける行為です。

来年はさらに仮想通貨の勢いが盛り返すことに賭ける勝負師なら、この暴落のタイミングでナンピンを入れていますよね。

でも、これが逆に「仮想通貨バブルの頂点」であったならば、損失はさらに膨らみます。

リスクが無ければ、儲けも無し。

日経新聞は仮想通貨が嫌い?

仮想通貨の技術的な面にまで踏み込んで、ちゃんと勉強している仮想通貨ブログを最近よく読んでますが、来年のスタンスは三者三様みたいですね。

でも古参の投資家については、ひとまず利確した人が多い印象です。初期からやっていたらほとんどみんな億り人ですからね。

生まれながらの資産家でもない限り、「1億達成」したらひとまず利確したくなるのは理解できます。一方で、儲けが数十万~数百万程度なら、まだ満足できずに、将来の億り人を夢見てドジョウを探す感じなんだと思います。

最近は、送金遅延が多発し、基軸通貨・決済手段としてのビットコインの優位性が薄くなりつつある記事が目立ち始めました。

その結果、「ビットコインはバブル」的な内容ともリンクします。少なくとも仮想通貨に馴染みのない大多数の人は、そのように印象付けられることでしょう。

とくに日経新聞なんかでこのような論調で語られている気がしますけれどねー。

与沢翼氏はリップル押し

こんな感じで12/22からの暴落を機に、仮想通貨の将来性に対する懸念が語られてますが、一方でNEMやXRP(リップル)は暴落からいち早く復活したようにも見えます。

なので、年明け来年の2018年からは、まだまだどうなるか分からなそうですよ。

2014年に破たんしたと伝えられた、フリーエージェントスタイルホールディングス株式会社の与沢翼氏は、現在ドバイで仮想通貨投資を行っていることを表明。

ブログによれば、650万XRP(リップル)保有してるようですね。株はドバイ株の他に、リップル押しで有名なSBIホールディングス(8473)なんかも。

ジムロジャース(伝説の投資家)は「ビットコインはバブルかも」

Investor Jim Rogers, of Rogers Holdings fame, says he should have invested in bitcoin in its early days.

2017年3月の時点では、伝説の投資家ジム・ロジャースさんはビットコイン投資の「船に乗り遅れた」んだそうですが、ビットコインはここからも急激に上昇しました。

The veteran investor provides a global roundup, with a preference for Asian stocks. Interview by Michael Brush.

ただし、11月の記事では、

「ビットコインは、歴史を通して私が観てきた他の投資バブルと同様の見た目、ニオイがする」と警告しています。

Avoid bitcoin
Bitcoin has performed amazingly well, so it’s tempting to buy. Don’t bother, says Rogers. “It looks and smells like all the bubbles I have seen throughout history.” True, bubbly assets can continue to march higher than any rational person imagines possible. So there could be further gains. But messing around with bubbles is risky. Better to just stay away. “I have missed it, whatever it is,” Rogers says.

引用元:MarketWatch

このまま傍観者でいることが得策?

あ、でも、目先で「日本株は買いだ」とも言っていますね。理由は、日本銀行とアベ首相が日本円を刷り続けているので。将来的には日本自体を悲観していますが…

なんにせよ、来年も仮想通貨界隈は、興味深い相場展開となることでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする