【仮想通貨】モナコインは将来1万円超え?未来人が語るビットコインの将来と仮想通貨

12月ボーナスで買い増ししようと思ってた方は残念!?

今年の3月には1モナ=3円だった仮想通貨のモナコインが、あっさり1,000円を突破したばかりか、1,100円間近に。

ビットフライヤーの方では、すでに1,100円を超えた勢い。

短気投機狙いで買っていた人なら、売却チャンス到来?

(でも、さらに続伸という機会損失リスクも…)

スポンサーリンク

モナコインはいくらになる?【モナコインの今後・将来】

仮想通貨においては、株式のファンダメンタル分析のようにフェアバリューを見積もる試みは難しいので、あまり適正価格のようなものは語られません。

それでも、年内で1,000円を超えた大人気のモナなら、このまま2,000~3,000円は手堅く、5,000円もあるかも。

さらには、全体的な仮想通貨相場の上昇トレンドが続くするならば、

「もしかしたら1万円超えもあるかも…」というのが、仮想通貨界隈での感覚な気がします。

『かといって、今から買って、1日で40%の大暴落とか食らったらどうすんの?』

そうです。だから、普通の感覚の方ならこのタイミングからは買えない。私も株式相場だったら、高値ジャンピングキャッチになる可能性が大なので、絶対に買いません。

でもね、仮想通貨にはフェアバリューがないんですよ。

もともと、電子くずみたいなものですし。

つまり、上値は青天井。

割高・割安を測る物差しがないので、オイルショックで「紙がなくなる」という懸念から、一時はトイレットペーパーが店頭から商品が消えたように、欲しい人が殺到すればどこまでも上昇し続ける…。

(自称)タイムトラベラーによる「ビットコインの将来」

ところで、仮想通貨を保有している人の間では話題になっているあるお話があります。

それが「2025年の未来から来た」という、未来人の予言「私はタイムトラベラー。ここであなた方が(仮想通貨に)行っていることをやめるようお願いします」。

ここには、ビットコインの将来について語っていますが、

これが映画のストーリーかと思うほど興味深い。

I am a time-traveler from the future, here to beg you to stop what you are doing.

↑こちらが原文の元ネタ

【1ビットコインの将来価値の推移(未来人の予言)】

2017年:10,000ドル

2019年:100,000ドル

2021年:1,000000ドル

2021年以降:ドルは使用されなくなる。我々の資産は大きく土地と仮想通貨に。

この未来人が、「本物かどうかが問題ではない」です。

私も未来人なんて信じてませんし。

ビットコイン チャート

【引用元:Bitcoin日本語情報サイト

↑2017年初の段階では、まだ120,000円(1,000ドル)程度。

仮想通貨が通貨に変わる未来なら、まだまだまだ上昇?

先ほどの予言が投稿された当時は、2013年。

1ビットコインが一時、1,200ドルの史上最高値を更新しながら、中国政府がビットコイン禁止令などを出したために、半額以下に暴落。

ビットコイン取引所として最大級であったMt.Gox(マウントゴックス)の破綻などの影響もあり、その後仮想通貨は2015年あたりまで、受難の時代に。

でも、その後はこの予言通りに、2017年に1ビットコイン=10,000ドルを突破しているんですよね。

たんなる偶然でしょうが、これは興味深い。

急上昇があれば、急暴落もあるのが相場の世の常ですが、本当に『仮想通貨が当たり前』の世の中が来るのであれば、将来的にはまだまだ上昇余地はありそうですよね。

「仮想通貨は単なるバブルで終わる?」かどうかの、Yes or No。

持つリスクに、持たざるリスク。

あのCIS氏もモナコインを買い増しているそうですよ。