要興業(かなめこうぎょう)が上場へ!IPOの初値予想。

要興業 IPO
11月21日(火)に、要興業(6566)の東証2部への上場が承認されました。

要興業は、一般・産業廃棄物の収集運搬・中間処理、リサイクル事業を行っている会社です。

これにより、12月25日(月)に上場予定となりました。また、想定価格700円に対し仮条件は700円~750円。公開価格は750円決定しました。

関連記事  新規上場!IPO一覧と予想ランク【2017年度

スポンサーリンク

要興業(かなめこうぎょう)が上場へ!

株式会社要興業

想定価格700円から計算したPER(連結)14.30倍PBR(連結)0.77倍、公開時価総額目安は、約106.4億円です。

PER:第45期決算時の当期純利益を基に算定

PBR:第46期第2四半期決算時の純資産額を基に算定

【業績】

要興業 IPO 業績

業績は、売上高は伸びているものの、

利益は頭打ち状態です。

監査法人は「新日本有限責任監査法人

業種は「サービス業」です。

新規(株式)発行による手取金の使途は、「設備資金、投融資資金、借入金の返済資金」に充当予定。

上場日までのスケジュール

銘柄名/証券コード 要興業/6566
市場 ジャスダック・スタンダード
上場日 12/25(月)
仮条件決定日  12/6(水)
BB期間   12/7(木)~12/13(水)
公開価格決定日 12/14(木)
購入申し込み期間(※) 12/15(金)~12/20(水)
払込期日 12/24(月)

(※)証券会社によって期日が異なるため、お申込み証券会社でご確認ください。

発行条件など

決算 3月
申込単位 100株
想定価格 700円
仮条件 700円~750円
公開価格 750円
株価初値 12/25(月)上場予定
公開株式数 5,147,700株

  • 公募:2,000,000株
  • 売出:2,476,300株
  • OA:671,400株
上場時発行済株式数 15,200,000株

公開株式数はオーバーアロットメント(OA)と合わせて5,147,700株で最大当選枚数は51,477枚です。

当選枚数は、かなり多いIPO銘柄です。想定価格の700円で計算した吸収金額は、約36.0億円でジャスダック・スタンダード市場の中では大型の吸収額となります。

申込みができる証券会社

※ブックビルデング申込期間は、2017年12/7(木)~12/13(水)となっています。

ロックアップと株主上位

氏名・名称 所有株式数(株) 所有割合(%) ロックアップ
藤居 秀三 3,320,000 23.38 90日
要興業社員持株会 3,063,700 21.58 90日
(株)要興業 1,000,000 7.04 全株公募
日本生命保険相互会社 950,000 6.69 90日
大星ビル管理(株) 850,000 5.99 90日
大星ビルメンテナンス(株) 850,000 5.99 90日
藤居 千惠子 506,300 3.57 全株売出
藤居 幸弥 370,000 2.61
荒井 昇 300,000 2.11 90日
中島 和子 300,000 2.11  全株売出
(株)三菱東京UFJ銀行 300,000 2.11 90日
坂原 謙二 290,000 2.04 90日
(株)みずほ銀行 200,000 1.41 90日
野村ホールディングス(株) 200,000 1.41 全株売出
藤居 邦彦 150,000 1.06 90日
藤居 隆史 150,000 1.06 90日
藤居 睦子 150,000 1.06 90日
松浦 義忠 150,000 1.06 90日

■ 上記株主保有分のうち、

藤井秀三氏の保有する820,000株・藤井千惠子506,300株・中島和子300,000株・野村ホールティングス200,000株・荒井昇150,000株・日本生命保険相互会社100,000株・大星ビル管理(株)100,000株・大星ビルメンテナンス(株)100,000株・みずほキャピタル(株)100,000株は今回の売り出し株式となります。

また、所有株式数の()内は、新株予約権による潜在株式数です。

※ロックアップ90日目は、平成30年03月24日(土)

スポンサーリンク

要興業のIPO株価の初値予想

株価の初値予想としては、ある程度の上昇は期待できそうです。

最大当選枚数は51,477枚、想定価格700円で計算した吸収価格が36.0億円、想定時価総額は約106.4億円とジャスダックスタンダード市場の中では大型案件です。

【プラス】

  • PER・PBR的に割安感

【マイナス】

  • 当選枚数の多さ
  • 一部の株主にロックアップなし
  • 売上は伸びているものの、業績は横ばい
  • 公募株より売出株の方が多い
  • 業種的IPOテーマとしての話題性・人気度は低い

要興業の事業内容は、東京23区を中心に、産業廃棄物に分類されるビン、缶、ペットボトル、粗大ごみ等や、一般廃棄物に分類される可燃ごみ等の収集運搬・処分、リサイクル(資源物の売買)を中核とした事業を行っています。

最大当選枚数は多く、業種テーマ的にも地味なため、あまり大きな上昇は期待できそうにありません。それでも、PER・PBR指標からみた割安感や、想定価格700円(最小購入単位7万円)という買いやすさもあるため、ある程度の上昇になるのではないでしょうか。

【11月IPO】

【12月IPO】

関連記事

2017年度の【新規上場(IPO)企業の一覧】を作成しました! 企業名をリンクすることにより、過去の個別記事へアクセスできるように...

IPOに応募する方法

要興業株を保有するためには、IPO(新規公開株式)で狙っていく方法があります。IPOで株式を購入するためには、まず証券会社の口座を持っていないと申し込めません。

今回の主幹事は野村證券なので、当選確率を上げるためにはこちらからの申し込みが必須です。

その他にもネットで気軽に申し込みが可能な、要興業のIPO幹事では以下のような証券会社があります。

SMBC日興証券

SBI証券と並んで新規公開株式数がダントツなので、IPO投資をするなら口座開設必須の証券会社です。抽選は完全平等抽選で、完全平等抽選の場合は1口座に対して誰もが1チャンスなので「誰でも平等に当選チャンス」があります。

SBI証券

関連記事  SBI証券でIPO投資&株主優待は、利用しないともったいない!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする