プレミアグループがIPOへ!上場の初値予想はどうなる?

プレミアムグループ IPO
11月15日(水)に、プレミアグループ(6235)の東証2部への上場が承認されました。

プレミアグループは、オートクレジットを中心としたファイナンス事業、ワランティ(自動車補償)事業、各種サービスの企画及び提供等を行う子会社及び関連会社事業の管理運営を行っている会社です。

これにより、12月21日(木)に上場予定となりました。また想定価格2,260円に対して仮条件は2,260円~2,320円。公開価格は2,320円で決定しています。

関連記事  新規上場!IPO一覧と予想ランク【2017年度

スポンサーリンク

プレミアグループが上場へ!

プレミアグループ株式会社

想定価格2,260円から計算したPER(連結)15.41倍PBR(連結)2.59倍、公開時価総額目安は、約137.0億円です。

PER:第2期決算時の当期純利益を基に算定

PBR:第3期第2四半期決算時の純資産額を基に算定

【業績】

プレミアムグループ IPO 業績

業績は、堅調です。

進行期(第3期)についても順調なようです。

監査法人は「有限責任監査法人トーマツ

業種は「その他金融業」です。

新規(株式)発行による手取金の使途は、「連結子会社における設備資金のための投融資として」充当予定。

上場日までのスケジュール

銘柄名/証券コード プレミアグループ/7199
市場 東証2部
上場日 12/21(木)
仮条件決定日  12/4(月)
BB期間   12/5(火)~12/11(月)
公開価格決定日 12/12(火)
購入申し込み期間(※) 12/13(水)~12/18(月)
払込期日 12/20(月)

(※)証券会社によって期日が異なるため、お申込み証券会社でご確認ください。

発行条件など

決算 3月
申込単位 100株
想定価格 2,260円
仮条件 2,260円~2,320円
公開価格 2,320円
株価初値 12/21(木)上場予定
公開株式数 5,566,000株

  • 公募:60,000株
  • 売出:4,780,000株
  • OA:726,000株
上場時発行済株式数 6,060,000株

公開株式数はオーバーアロットメント(OA)と合わせて5,566,000株で最大当選枚数は55,660枚です。

当選枚数は、かなり多めのIPO銘柄です。想定価格の2,260円で計算した吸収金額は、約125.8億円で大型の吸収額となります。

申込みができる証券会社

※ブックビルデング申込期間は、2017年12/5(火)~12/11(月)となっています。

ロックアップと株主上位

氏名・名称 所有株式数(株) 所有割合(%) ロックアップ
AZ-Star1号投資
事業有限責任組合
5,506,000 83.68 90日又は1.5倍
(株)リクルートホールディングス 300,000 4.56 90日
柴田 洋一 201,200 3.19 90日
金澤 友洋 60,700 0.92 90日
大貫 徹 47,800 0.73 90日
土屋 佳之 43,800 0.67 90日
齋藤 邦雄 38,600 0.59 90日

■ 上記株主保有分のうち、AZ-Star1号投資事業有限責任組合の保有する4,780,000株は今回の売り出し株式となります。

※ロックアップ90日目は、平成30年03月20日(火)

スポンサーリンク

プレミアグループのIPO株価の初値予想

株価の初値予想としては、あまり上昇は期待できそうにはありません。

最大当選枚数は55,660枚、想定価格2,260円で計算した吸収価格が125.8億円、想定時価総額は約137.0億円と大型案件です。

【プラス】

  • 業績は順調(成長性)
  • 既存株主にはロックアップ

【マイナス】

  • 当選枚数が多い(希少性なし)
  • 上場先はIPOで上昇しにくい東証2部
  • 公募株より売出株が圧倒的に多い(筆頭株主によるイグジット案件の性質)

プレミアグループの事業内容としては、「クレジット事業」「ワランティ事業」「その他事業(整備事業)」「その他事業(海外事業)」の4事業を行っています。

その中でも「オートクレジット」を中心とした金融は、IPO企業の評価としては可もなく不可もなくと言ったところで、特別に人気化しそうな要素は無さそうです。

それでも業績はきちんと伸びているのと、PER・PBRはそれほど割高圏でもないため、公募割れまでにはならないのではないかと思っています。

【11月IPO】

【12月IPO】

関連記事

2017年度の【新規上場(IPO)企業の一覧】を作成しました! 企業名をリンクすることにより、過去の個別記事へアクセスできるように...

IPOに応募する方法

プレミアグループ株を保有するためには、IPO(新規公開株式)で狙っていく方法があります。IPOで株式を購入するためには、まず証券会社の口座を持っていないと申し込めません。

今回の主幹事は野村證券なので、当選確率を上げるためにはこちらからの申し込みが必須です。

その他にもネットで気軽に申し込みが可能な、プレミアグループIPO幹事では以下のような証券会社があります。

SBI証券

関連記事  SBI証券でIPO投資&株主優待は、利用しないともったいない!</

SMBC日興証券

SBI証券と並んで新規公開株式数がダントツなので、IPO投資をするなら口座開設必須の証券会社です。抽選は完全平等抽選で、完全平等抽選の場合は1口座に対して誰もが1チャンスなので「誰でも平等に当選チャンス」があります。

マネックス証券

マネックス証券でのIPOの抽選は全て平等な証券会社です。『本気で当てたい』IPO銘柄の際には、複数の証券会社での申し込みが基本です。こちらも開設しておくとよいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする