マツオカコーポレーションが上場へ!IPO初値の行方は…

マツオカコーポレーション IPO

11月9日(木)に、マツオカコーポレーション(3611)の新規上場が承認されました。

マツオカコーポレーションは、アパレル品OEM製造を行っている会社です。

これにより、12月13日(水)に上場予定。13日はSGホールディングスヴィスコ・テクノロジーズグローバルリンクマネジメントと、のべ4社が同時上場となっています。

なお、想定価格2,420円に対して仮条件は2,420円~2,600円。公開価格は2600円で決定しています。

関連記事  新規上場!IPO一覧と予想ランク【2017年度

スポンサーリンク

マツオカコーポレーションが上場へ!

株式会社マツオカコーポレーション

想定価格2,420円から計算したPER(連結)14.35倍PBR(連結)1.18倍、公開時価総額目安は、約232.9億円です。

PER:第61期決算時の当期純利益を基に算定

PBR:第61期決算時の純資産額を基に算定

【業績】

マツオカコーポレーション IPO 業績

業績は、横ばい状態です。

監査法人は「有限責任監査法人トーマツ

業種は「繊維製品」です。

新規(株式)発行による手取金の使途は、「子会社での設備投資に必要な金額をその都度、子会社への投融資資金」として充当予定。

上場日までのスケジュール

銘柄名/証券コードマツオカコーポレーション/3611
市場
上場日12/13(水)
仮条件決定日 11/24(金)
BB期間  11/27(月)~12/1(金)
公開価格決定日12/4(月)
購入申し込み期間(※)12/5(火)~12/8(金)
払込期日12/12(火)

(※)証券会社によって期日が異なるため、お申込み証券会社でご確認ください。

発行条件など

決算3月
申込単位100株
想定価格2,420円
仮条件2,420円~2,600円
公開価格2,600円
株価初値12/13(水)3,800円(146.15%・1.46倍)
公開株式数1,891,700株

  • 公募:1,195,000株
  • 売出:450,000株
  • OA:246,700株
上場時発行済株式数9,625,000株

公開株式数はオーバーアロットメント(OA)と合わせて1,891,700株で最大当選枚数は18,917枚です。

当選枚数は、普通クラスである程度当たりやすいIPO銘柄です。想定価格の2,420円で計算した吸収金額は、約45.8億円の吸収額となります。

申込みができる証券会社

  • 主幹事証券:
    ・野村證券
  • 幹事証券:
    ・三菱UFJモルガン・スタンレー証券
    SBI証券
    ・みずほ証券
    ・いちよし証券
    岩井コスモ証券
    ・エイチ・エス証券
    ・SMBC日興証券
    ・エース証券
    ・東洋証券
    ・ひろぎん証券

※ブックビルデング申込期間は、2017年11/27(月)~12/1(金)となっています。

ロックアップと株主上位

氏名・名称所有株式数(株)所有割合(%)ロックアップ
松岡 典之1,695,00017.0890日
合同会社マツオカカンパニー1,425,00014.3690日
(株)マツオカコーポレーション1,195,0004.23
(株)広島銀行420,0004.0390日又は1.5倍
野村證券(株)400,0003.28
みずほ成長支援
投資事業有限責任組合
325,0003.0290日又は1.5倍
合同会社バインヒルコーポレーション300,0003.0090日又は1.5倍
マツオカコーポレーション従業員持株会297,5002.89180日
(株)ファーストリテイリング286,5002.7790日又は1.5倍
三菱UFJキャピタル(株)275,0002.5290日又は1.5倍
アジアゲートウェイ1号
投資事業有限責任組合
250,0002.52全株売出
日本生命保険相互会社250,0002.5290日又は1.5倍
神原汽船(株)250,0002.5290日又は1.5倍
倉敷紡績(株)250,0002.5290日又は1.5倍
(株)三菱東京UFJ銀行200,0002.0290日又は1.5倍
鴻池運輸(株)150,0001.5190日又は1.5倍
島田商事(株)150,0001.5190日
東レ(株)150,0001.5190日又は1.5倍
金光仁美100,0001.0190日又は1.5倍
(株)サンエス100,0001.0190日又は1.5倍
松岡 辰徳80,0000.8190日

■ 上記株主保有分のうち、アジアゲートウェイ1号投資事業有限責任組合の保有する250,000株・松岡典之150,000株・島田商事(株)50,000株は今回の売出株式となります。

※ロックアップ90日目は、平成30年3月12日(月)

※ロックアップ180日目は、平成30年6月10日(日)

スポンサーリンク

マツオカコーポレーションのIPO株価の初値予想

株価の初値予想としては、あまり上昇は期待できそうにありません。

最大当選枚数は18,917枚、想定価格2,420円で計算した吸収価格が45.8億円、想定時価総額は約232.9億円。

東証1部又は2部への上場で、規模もある程度あるため、需給的には重そうです。

【プラス】

  • 創業は1956年。社歴の長さによる信頼性
  • PER・PBRの指標的に多少の割安感
  • 上位株主には、概ねロックアップあり(売り圧力が少)
  • 【外部環境】日経平均株価が最高値更新

【マイナス】

  • 当選枚数が多め
  • 業種的にアパレル関連はIPOテーマとしては不人気
  • 業績は横ばい
  • 12/13(月)はIPOが4つ(資金が分散しやすい)

マツオカコーポレーションの事業内容としては、アパレル製品の企画、製造及び物流等を主な内容とした事業活動を行っています。

1990年より生産、裁縫拠点を中国へ移し、アパレル向けのOEM(取引先ブランド生産)による商品の受注、生産、納品を行っています。

規模が大きめで、初値上昇になりにくいアパレル関連のIPOでもあるということで、あまり積極的な買いは期待できそうもありません。業績も横ばいで将来性を見込んでの買いも入りにくそうなため、初値は厳しい展開となるのではないでしょうか。

【11月IPO】

【12月IPO】

関連記事

2017年度の【新規上場(IPO)企業の一覧】を作成しました!企業名をリンクすることにより、過去の個別記事へアクセスできるように...

IPOに応募する方法

マツオカコーポレーション株を保有するためには、IPO(新規公開株式)で狙っていく方法があります。IPOで株式を購入するためには、まず証券会社の口座を持っていないと申し込めません。

今回の主幹事は野村證券なので、当選確率を上げるためにはこちらからの申し込みが必須です。その他にもネットで気軽に申し込みが可能なマツオカコーポレーションのIPO幹事では以下のような証券会社があります。

SMBC日興証券

SBI証券と並んで新規公開株式数がダントツなので、IPO投資をするなら口座開設必須の証券会社です。抽選は完全平等抽選で、完全平等抽選の場合は1口座に対して誰もが1チャンスなので「誰でも平等に当選チャンス」があります。

SBI証券

関連記事  SBI証券でIPO投資&株主優待は、利用しないともったいない!

岩井コスモ証券「ネット取引」

2015年に創業100周年となった老舗証券です。2016年度の実績は、新規公開株83銘柄中25銘柄と約3割のIPOに食い込んでいます。複数の証券会社で申し込みでIPOの当選確率を上げるにはもってこいの証券会社です。

口座開設、口座維持費用も無料。ここのIPOは公平な完全抽選制です。IPO引き受け数の多さは他の大手証券会社に迫るものがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする