グローバル・リンク・マネジメントがIPOへ!新規上場の初値予想。

グローバルリンクマネジメント IPO

11月8日(水)に、グローバル・リンク・マネジメント(3486)のマザーズ市場への上場が承認されています。

グローバル・リンク・マネジメントは、投資用マンションの企画・開発・販売・販売物件の管理等を行っている会社です。

12月IPOラッシュが続いていますね。

これにより、12月13日(水)に上場予定となりました。なお、想定価格2,320円に対して仮条件は、2,320円~2,620円。公開価格は2,620円で決定となりました。

関連記事  新規上場!IPO一覧と予想ランク【2017年度

スポンサーリンク

グローバルリンクマネジメントが上場へ!

株式会社グローバル・リンク・マネジメント

想定価格2,320円から計算したPER(連結)12.16倍PBR(連結)1.64倍、公開時価総額目安は、約40.0億円です。

PER:第12期決算時の当期純利益を基に算定

PBR:第12期第3四半期決算時の純資産額を基に算定

【業績】

グローバルリンクマネジメント IPO 業績

業績は、右肩上がりです。

特に進行期である第13期(平成29年9月期)では、第3四半期決算の段階で、売上高・経常利益・当期純利益がすでに前期を上回っています。

監査法人は「新日本有限責任監査法人」

業種は「不動産業」です。

新規(株式)発行による手取金の使途は、「不動産ソリューション事業における運転資金として、販売用不動産の仕入れ資金の一部」に充当予定。

上場日までのスケジュール

銘柄名/証券コードグローバル・リンク・マネジメント/3486
市場マザーズ
上場日12/13(水)
仮条件決定日 11/27(月)
BB期間  11/28(火)~12/4(月)
公開価格決定日12/5(火)
購入申し込み期間(※)12/6(水)~12/11(月)
払込期日12/12(火)

(※)証券会社によって期日が異なるため、お申込み証券会社でご確認ください。

発行条件など

決算12月
申込単位100株
想定価格2,320円
仮条件2,320円~2,620円
公開価格2,620円
株価初値12/13(水)6,130円(233.97%・2.34倍)
公開株式数423,200株

  • 公募:184,000株
  • 売出:184,000株
  • OA:55,200株
上場時発行済株式数1,784,000株

公開株式数はオーバーアロットメント(OA)と合わせて423,200株で最大当選枚数は4,232枚です。

当選枚数は、少なく当たりにくいIPO銘柄です。想定価格の2,320円で計算した吸収金額は、約9.8億円でマザーズ市場としては「中型規模」の吸収額となります。

申込みができる証券会社

※ブックビルデング申込期間は、2017年11/28(火)~12/4(月)となっています。

ロックアップと株主上位

氏名・名称所有株式数(株)所有割合(%)ロックアップ
金 大仲800,00046.00180日
(株)G2A640,00036.80180日
富永 康将80,0004.60180日
(株)ベクトル32,0001.84180日
(株)FPG25,6001.47180日
鈴木 東洋25,6001.47180日
富田 直樹25,6001.47180日
中山 満則25,6001.47180日
(株)インベスターズクラウド19,2001.10180日
金ヶ崎 敬介(8,000)0.46
永山 一盛(8,000)0.46

■ 上記株主保有分のうち、金大仲氏の保有する184,000株は今回の売出株式となります。

※ロックアップ180日目は、平成30年6月10日(日)

スポンサーリンク

グローバルリンクマネジメントのIPO株価の初値予想

株価の初値予想としては、初値で1.8倍以上の上昇は期待できそうです。

最大当選枚数は4,232枚、想定価格2,320円で計算した吸収価格が9.8億円、想定時価総額は約40.0億円。

マザーズ市場では中型クラスですが、12月12日~14日にかけて東証1部の大型IPO関連に囲まれているため、「急騰」を目論んで、需給が軽く、業績・成長性もあるこちらに資金が流れる展開が期待できるのかも。

【プラス】

  • 当選枚数が少なめ
  • 目先の業績が急伸中(成長性)
  • 既存株主には、概ねロックアップあり(売り圧力が少)
  • PER・PBRの指標的に割安感(進行期の業績は良好)
  • 【外部環境】日経平均株価が最高値更新

【マイナス】

  • 「不動産事業」に目新しさはなく、IPOテーマとしては弱い
  • 12/13(月)はIPOが4つ(資金が分散しやすい?)

グローバルリンクマネジメントの事業内容としては、「不動産ソリューション事業」、「プロパティマネジメント事業」の2つの事業から構成され、土地仕入れ・企画、設計、販売、賃貸管理までのワンストップサービスを行っています。

東京23区内を中心に展開する自社物件ブランド「アルテシモ」という投資用不動産であるコンパクトタイプのマンションを提供。

不動産事業(投資用マンション)というIPOテーマに目新しさを感じるものはなく、同業他社も比較的割安な株価となっているものも多いですが、目先の業績が急伸しているのと、PER・PBRの割安感、需給の軽さなどからも株価は上昇しやすくなりそうです。

また、12月12日~14日にかけてIPOラッシュとなっていますが、その中では有望株であるため、逆にこちらに資金が集中する可能性がありますね。

【11月IPO】

【12月IPO】

関連記事

2017年度の【新規上場(IPO)企業の一覧】を作成しました!企業名をリンクすることにより、過去の個別記事へアクセスできるように...

IPOに応募する方法

グローバルリンクマネジメント株を保有するためには、IPO(新規公開株式)で狙っていく方法があります。IPOで株式を購入するためには、まず証券会社の口座を持っていないと申し込めません。

今回の主幹事はSMBC日興証券なので、当選確率を上げるためにはこちらからの申し込みが必須です。その他にもネットで気軽に申し込みが可能なグローバルリンクマネジメントIPO幹事では以下のような証券会社があります。

・SBI証券

・岩井コスモ証券

・マネックス証券

関連記事  SBI証券でIPO投資&株主優待は、利用しないともったいない!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする