クックビズが上場へ!IPO株価の初値予想は?

クックビズ 上場 IPO
10月24日(火)に、クックビズ(6558)の東証マザーズへの上場が承認されています。

クックビズは、飲食業界に特化した人材紹介事業・求人広告事業を行っている会社です。

これにより11月28日(火)に上場予定となりました。11月の新規上場としては第5番目ですが、同日の28日はポエック(3996)、幸和製作所(7807)と3社三つ巴の新規上場となっています。

3銘柄の中では、一番人気となりそうです!なお、想定価格2,070円に対し、仮条件は2,070円~2,250円、公開価格は2,250円で決定しています。

関連記事  新規上場!IPO一覧と予想ランク【2017年度

スポンサーリンク

クックビズが上場へ!

クックビズ株式会社

想定価格2,070円から計算したPER(単独)84.27倍PBR(単独)5.80倍、公開時価総額目安は、約43.7億円です。

PER:第9期決算時の当期純利益を基に算定

PBR:第10期第3四半期決算時の純資産額を基に算定

【業績】

クックビズ 上場 業績

業績としては、綺麗な右肩上がりが続いています。

第8期より黒字化しており、成長性を感じさせますね。

監査法人は「有限責任 あずさ監査法人」

業種は「サービス業」です。

新規(株式)発行による手取金の使途は、

「①オフィス移転に関する設備資金及び差入保証金・②サービス利用者獲得のための広告宣伝費・③借入金返済資金④事業拡大に伴う人件費」

上場日までのスケジュール

銘柄名/証券コードクックビズ/6558
市場東証マザーズ
上場日11/28(火)
仮条件決定日 11/8(水)
BB期間  11/10(金)~11/16(木)
公開価格決定日11/17(金)
購入申し込み期間(※)11/20(月)~11/24(金)
払込期日11/27(月)

(※)証券会社によって期日が異なるため、お申込み証券会社でご確認ください。

発行条件など

決算11月
申込単位100株
想定価格2,070円
仮条件2,070円~2,250円
公開価格2,250円
株価初値11/28(火)5,280円(234.67%・2.35倍)
公開株式数486,200株

  • 公募:300,000株
  • 売出:122,800株
  • OA:63,400株
上場時発行済株式数1,285,510株

オーバーアロットメント(OA)と合わせて486,200株なので、最大当選枚数は4,862枚です。

当選枚数は、少なめのIPO銘柄ですね。想定価格の2,070円で計算した吸収金額は、約10.1億円でマザーズ市場としては「中型規模」の吸収額となります。

申込みができる証券会社

※ブックビルデング申込期間は、2017年11/10(金)~11/16(木)となっています。

ロックアップと株主上位

氏名・名称所有株式数(株)所有割合(%)ロックアップ
藪ノ 賢次1,100,00055.5890日又は1.5倍
ジャフコ・スーパーV3
共有投資事業有限責任組合
300,00015.1690日又は1.5倍
藪ノ 郁子276,00013.9590日又は1.5倍
SMBCベンチャーキャピタル1号
投資事業有限責任組合
102,9415.2090日又は1.5倍
生田 亮人78,0003.9490日又は1.5倍
岡本 哲郎62,0003.1390日又は1.5倍
齋藤 理(14,400)0.73

■ 上記株主保有分のうち、藪ノ賢次氏の保有する50,000株・藪野郁子57,500株・ジャフコ・スーパーV3共有投資事業有限責任組合15,300株は今回の売出株式となります。

※ロックアップ90日目は、平成30年2月25日(日)

スポンサーリンク

クックビズのIPO株価の初値予想

株価の初値予想としては、かなりの上昇が期待できそうです。

最大当選枚数は4,862枚、想定価格2,070円で計算した吸収価格が10.1億円です。想定時価総額は43.7億円とマザーズ市場の中では、中型規模のIPO銘柄となっています。

【プラス】

  • 当選枚数が少なめ
  • 業績が右肩上がり(成長性)
  • 一部既存株主を除き、ロックアップあり(売り圧力懸念の減少)
  • 【外部環境】日経平均株価が最高値更新

【マイナス】

  • (想定価格からの)PER・PBR指標に割安感なし
  • 上場日11/28には、ポエック(9264)・幸和製作所(7807)と3社同時上場

クックビズの事業内容としては、飲食業界(飲食店、ホテル、旅館、中食事業者、給食事業者、ブライダル事業者等)に特化した「人材紹介事業」「求人広告事業」「その他事業」があります。

人材紹介事業は、無料で利用できる飲食専門転職支援サービス「cook+biz」や、フード関連業の高年収転職サイト「FOOGENT」、スカウトサービスの「クックビズダイレクト」を展開しています。

求人広告事業は、飲食事業者向けの求人広告サービス「cook+biz」「cook+bizバイト」の運営により、その掲載期間、掲載職種や掲載エリア数に応じた掲載料金を得る仕組みです。

その他事業としては、飲食事業者・従事者向けの研修サービス「クックビズフードカレッジ」の運営や、料理人・シェフ向けのソーシャルネットワーキングサービス「Foodion」を提供しています。

業種テーマとしては、人材紹介サービス、求人広告事業は特に目新しさはないものの、「飲食業」に特化した人材紹介サービスとして業績の伸びが目覚ましいことから、ある意味「魅力的な」企業として受け止められそうです。

やはり、当選枚数の少なさから需給も悪くない上で、業績が右肩上がりになっている点は、将来性の大きなアピールとなりそうです。複数口座からの全力申込が必須なIPO案件となりそうです。

1年に1回ぐらいは、このクラスのIPOを当てたいものですね。

【11月IPO】

関連記事

2017年度の【新規上場(IPO)企業の一覧】を作成しました! 企業名をリンクすることにより、過去の個別記事へアクセスできるように...

IPOに応募する方法

クックビズ株を保有するためには、IPO(新規公開株式)で狙っていく方法があります。IPOで株式を購入するためには、まず証券会社の口座を持っていないと申し込めません。

今回の主幹事は大和証なので、当選確率を上げるためにはこちらからの申し込みが必須です。その他、クックビズのIPO幹事では以下のような証券会社があります。

SMBC日興証券

SBI証券と並んで新規公開株式数がダントツなので、IPO投資をするなら口座開設必須の証券会社です。抽選は完全平等抽選で、完全平等抽選の場合は1口座に対して誰もが1チャンスなので「誰でも平等に当選チャンス」があります。

SBI証券

関連記事  SBI証券でIPO投資&株主優待は、利用しないともったいない!