ロッテの上場はいつ?IPO株価の行方は…

ロッテ上場 IPO
2015年12月頃より、大企業が株式の新規上場を検討中である報道がされて以来、いまだに上場に至っていない企業があります。それが製菓大手で「お口の恋人」のキャッチフレーズで有名なロッテです。

ロッテは、菓子、アイスクリームなどの製造、ゴルフ場経営、ホテル経営など行っている会社です。

国内ではガムやチョコレートを製造している『菓子メーカー』として、また親会社のロッテホールディングスは『千葉ロッテマリーンズ』のオーナーとして、よく知られているのではないでしょうか。

スポンサーリンク
[adsense]

スポンサーリンク

ロッテの上場はいつ?

株式会社ロッテ

2017年に入ってからも国内ロッテの親会社であるロッテホールディングス(HD)の現社長を務める佃孝之氏は、経営の透明性を高めるために、グループ傘下である販売子会社のロッテ商事ロッテアイスなどと統合の上で株式上場を検討している旨の発言をしています。

【国内のグループ関連事業】

  • 千葉ロッテマリーンズ
  • ロッテリア
  • バーガーキングジャパン
  • クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン
  • 銀座コージーコーナー
  • ホカロン(携帯用カイロ)

もし上場が実現すれば時価総額は、数千億円以上の超大型なIPOになりそうです。

創業者・重光武雄(しげみつたけお)氏

ロッテの創業者である重光武雄氏は、1921年10月4日生まれの韓国の蔚山(うるさん)出身の韓国人です。本名は辛格浩(シン・キョクホ)で、戦時中である1942年に来日後、1944年に早稲田実業高校を卒業しています。

戦後に進駐軍がチューインガムをみて、ガムを製造したことが現在の『ロッテ』に至るすべての始まりでした。

2014年から2015年にかけて長男の宏之氏(辛東主)と、次男の昭夫氏(辛東彬)によるお家騒動が勃発しています。

スポンサーリンク
[adsense]

連結業績の推移

国内のグループ

2015年度 3,145億円

グループ全体

2015年度 6兆7,943億円

上場日までのスケジュール

銘柄名/証券コード ロッテ/東証1部?
市場
上場日
仮条件決定日  ?
BB期間
公開価格決定日
購入申し込み期間
払い込み期日

(※)証券会社によって期日が異なるため、お申込み証券会社でご確認ください。

発行条件など

決算 ?月
申込単位 100株
想定価格 ?円
仮条件  ?
公開価格
公開株式数 ?株
(公募?株・売出?株・OA?株)
上場時発行済株式数 ?株

まだ情報はありません。

申込みができる証券会社

  • 主幹事証券:
    ・?
  • 幹事証券:
    ・?
    ・?
    ・?
    ・?
    ・?

※ブックビルデング申込期間は、?となっています。

ロックアップと株主上位

氏名・名称 所有株式数(株) 所有割合(%) ロックアップ

■ 株主構成・保有株式数等、判明次第更新いたします。

スポンサーリンク
[adsense]

ロッテのIPO株価の初値予想

初値予想は、まだありません。

韓国ロッテグループを筆頭株主として実質的に支配下に置く「ホテルロッテ」の新規上場が予定されていましたが、お家騒動中での裏金疑惑などを受け、2016年6月より無期限延期とされていました。

その後、現在韓国ロッテグループで会長を務める創業者次男の重光昭夫氏は、2016年10月、ホテルロッテの再上場計画を進める宣言をしています。

この「ホテルロッテ」の主要株主は日本の東京都新宿に本社を置く、ロッテホールディングスであることから、国内でのIPOの時期も、韓国での新規上場が目安になりそうです。

日本国内におけるロッテグループとしては、千葉ロッテマリーンズ、バーガーキング、ロッテリア、クリスピークリームドーナッツ、銀座コージーコーナーなど関連会社も多いため、新規上場となれば、株主優待を期待できそうな銘柄としても、話題性は高くなりそうです。

関連記事  新規上場!IPO一覧【2017年度

ロッテのIPOに応募する方法

将来、ロッテ株を保有するためには、IPO(新規公開株式)で狙っていく方法があります。IPOで株式を購入するためには、まず証券会社の口座を持っていないと申し込めません。

以下は幹事入りが予想される代表的なネットで気軽に口座開設、IPO申し込みができる証券会社です。

SBI証券

関連記事  SBI証券でIPO投資&株主優待は、利用しないともったいない!

マネックス証券

マネックス証券でのIPOの抽選は全て平等な証券会社です。『本気で当てたい』IPO銘柄の際には、複数の証券会社での申し込みが基本です。こちらも開設しておくとよいでしょう。

SMBC日興証券

SBI証券と並んで新規公開株式数がダントツなので、IPO投資をするなら口座開設必須の証券会社です。

抽選は完全平等抽選で、完全平等抽選の場合は1口座に対して誰もが1チャンスなので「誰でも平等に当選チャンス」があります。