SYSホールディングスが上場!IPO株価の初値は…

SYSホールディングス上場 IPO
5月26日(金)にSYSホールディングス(3988)のJASDAQスタンダード市場への上場が承認されています。

SYSホールディングスは、ITシステム開発(グローバル製造業、社会情報インフラ、モバイル)及びITソリューション・サービスの提供を中核とする総合情報サービス事業を行っている会社です。

これにより、SYSホールディングスは6月30日(金)に上場予定で、同日30日はツナグ・ソリューションズGameWithと並び3社同時上場。仮条件は2,360円~2,560円で決定。

想定価格2,560円と比べて控えめな価格帯設定ですが、公開価格はその上限の2,560円で決定しています。

スポンサーリンク
[adsense]

スポンサーリンク

SYSホールディングスが上場へ!

株式会社SYSホールディングス

想定価格2,560円から計算したPER(連結)22.0倍PBR(連結)2.19倍、公開時価総額目安は31.8億円です。

(PER:第3期決算時の当期純利益を基に算定・PBR:第4期第2四半期決算時の純資産額を基に算定)

SYSホールディングス上場 売上高
SYSホールディングスIPO 経常利益

業績としては、売上高は早くも頭打ち傾向で、新規公開銘柄として今後の成長性をアピールするにはやや足りない印象です。一方で経常利益は伸びているようにも見えますが、会社設立よりまだ4期目なため、判断材料としてはまだ早そうです。

それでも、進行期である第4期第2四半期(平成29年1月)決算においては、前期である第3期を上回りそうな進捗度となっています。

監査法人は「有限責任トーマツ」

業種は「情報・通信業」です。

上場日までのスケジュール

銘柄名/証券コード SYSホールディングス/3988
市場 JASDAQスタンダード
上場日 6/30(金)
仮条件決定日  6/12(月)
BB期間   6/14(水)~6/20(火)
公開価格決定日 6/21(水)
購入申し込み期間(※) 6/22(木)~6/27(火)
払込期日 6/29(木)

(※)証券会社によって期日が異なるため、お申込み証券会社でご確認ください。

発行条件など

決算 7月
申込単位 100株
想定価格 2,560円
仮条件 2,360円~2,560円
公開価格 2,560円
株価初値6/30(金) 5,530円(216.02%)
公開株式数 345,000株
(公募200,000株・売出100,000株・OA45,000株)
上場時発行済株式数 1,241,000株

オーバーアロットメント(OA)合わせて345,000株なので、最大当選枚数は3,450枚です。

当選枚数は、普通より少な目で当たりにくいIPO銘柄です。想定価格の2,560円で計算した吸収金額は、約8.8億円でJASDAQ市場としては、「小型規模」のIPO銘柄です。

申込みができる証券会社

※ブックビルデング申込期間は、2017年6/14(水)~6/20(火)となっています。

ロックアップと株主上位

氏名・名称 所有株式数(株) 所有割合(%) ロックアップ
鈴木 裕紀 643,000 61.76 180日
安田 鉄也 180,000 17.29 180日
二宮 由美 101,000 9.70 180日
SYSHDグループ従業員持株会 73,000 7.08
(株)三井住友銀行 10,000 0.96
(株)百五銀行 10,000 0.96
瀬戸信用金庫 10,000 0.96

■ 上記株主保有分のうち、二宮由美氏の保有する100,000株は今回の売出し株式となります。

※ロックアップ180日目は、平成29年12月26日(火)

スポンサーリンク
[adsense]

SYSホールディングス株価の初値予想

初値予想としては、ある程度の上昇が見込めそうです。

最大当選枚数は3,450枚と少なめで、想定価格2,560円での吸収金額は約8.8億円、時価総額が31.8億円とJASDAQ銘柄のなかでは小型クラスのIPO銘柄になります。

一部、ロックアップがかかっていない既存株主がいますが、大株主上位3名には180日かけられており、需給としては悪くはなさそうです。

また、業種としてはIPOで人気化しやすい「IT系」銘柄である点や、業績的にきちんと黒字を出している点などがあげられます。

さらには、今までの6月IPO銘柄がすべて『初値で公開価格より株価上昇を見込める』流れを考えれば、こちらも物色対象となりそうです。

逆にマイナス点としては、いまのところの業績(売上)が伸び悩んでいるような数字となっている点です。

そのため実績としての成長性をアピールすることは難しそうですが、(IPO初値で)他の上昇しそうな条件がそろっているため、他の6月IPO銘柄と同様に、複数証券口座を使っての申し込みに躊躇の必要はなさそうです。

【上場日・IPO銘柄名・証券コード/市場】

5月IPO

なし

6月IPO

関連記事  新規上場!IPO一覧【2017年度

SYSホールディングスのIPOに応募する方法

SYSホールディングス株を保有するためには、IPO(新規公開株式)で狙っていく方法があります。IPOで株式を購入するためには、まず証券会社の口座を持っていないと申し込めません。

以下ではSYSホールディングスのIPO幹事のなかで気軽に申し込めるねらい目ネット証券会社です。

SMBC日興証券

SBI証券と並んで新規公開株式数がダントツなので、IPO投資をするなら口座開設必須の証券会社です。抽選は完全平等抽選で、完全平等抽選の場合は1口座に対して誰もが1チャンスなので「誰でも平等に当選チャンス」があります。

SBI証券

関連記事  SBI証券でIPO投資&株主優待は、利用しないともったいない!