日本マクドナルドホールディングスの株主優待!

日本マクドナルドホールディングス 株主優待
日本マクドナルドホールディングス(2702)は、ハンバーガー・レストラン・チェーンを中心とした飲食店の経営及びそれに関連する事業を営む会社の株式を所有することによるグループ連結経営の立案と実行を行っている会社です。

日本マクドナルドホールディングスの株主優待は、国内のマクドナルド店舗で利用可能な優待食事券1冊以上(バーガー類、サイドメニュー、ドリンクの商品引換券が6枚づつ)をもらうことができます。

権利確定月は6月末日・12月末の年2回のため、1年を通じては2冊以上()をもらえる株主優待となっています。

スポンサーリンク
[adsense]

スポンサーリンク

日本マクドナルドホールディングスの株主優待

株主優待の内容:株主優待券

 優待食事券(790円相当×6回)

100株~299株1冊/4,740円相当(年間2冊)
300株~499株3冊/14,220円相当(年間6冊)
500株以上5冊/23,700円相当(年間10冊)

「グランクラブハウスセット」を基準にしています。

①ハンバーガー類引換券・②サイドメニュー引換券、③ドリンク引換券

  • 優待発送時期:9月下旬・3月下旬
  • 有効期限:発行時期より約6ヶ月
  • マックデリバリーサービスでの利用不可
  • サイズのある商品は、S・M・Lの中から選択可(一部不可の商品あり)
  • マックシェイク・マックフロートは販売時間(10:30~翌1:00)のみ引き換え可能
  • 現金との引き換え、および釣銭との交換不可
  • 店舗の展開地域:全国

決算12月末日
権利確定日12月末日・6月末日年2回
優待獲得最小単位100株以上
配当利回り(会社予想)0.85%2017/05/08現在
1株あたり配当金(※)30円(中間0円・期末30円)100株:3,000円
最小購入価格352,000円2017/05/08現在

株主優待が利用できる店舗

【日本マクドナルドホールディングス店舗】

  • マクドナルド

※一部、利用できない店舗があります。

スポンサーリンク
[adsense]

株購入のタイミングと株価の推移

市場・証券コード東証JASDAQスタンダード
株価(※)3,520円(17/05/08現在)
PER(会社予想/連)55.06倍(同上)
PBR(実績/連)4.25倍(同上)
自己資本比率の推移(連)78.5%→60.8%→60.9%/2014~16年12月期
売上の推移(百万円)222,319→189,473→226,646/同上
経常利益の推移(百万円)-7,974→-25,898→5,366/同上

↓別リンクで開きます。
日本マクドナルドホールディングス(株)2年チャート【yahooファイナンス】

日本マクドナルドホールディングスの会社概要

日本マクドナルドホールディングス(株)

本社所在地:〒163-1339 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー

業種は「小売業」です。

【国内グループ店舗数(2016年12月末現在)】

  • マクドナルド:2,911店舗(直営:939・FC:1,972)

優待銘柄のまとめと年間総合利回り

【年間総合利回り(配当利回り+優待利回り)の計算】

①年間配当金:3,000円×年1回+株主優待(※)790円×6回分×2=12,480円

②2017年05/8時点での最小購入単位352,000円

③ ①÷②×100≒3.55% 

※100株株主の場合、2017年5/8現在『バリューセット』の中で一番高い「グランクラブハウスセット」で計算。

100株主で半年に1度、マックのバリューセットが6回分無料!

ということで飲食優待マニアには大人気の優待銘柄。業績の急回復や親会社の米マクドナルドによる日本マクドナルド株売却見直し等により、株価は上昇中です。

年間総合利回りはそれほど高くはありませんが、『なんだかんだ言ってもマック(マクド)』を裏付けるような相場展開となっていますね。

関連  株主優待一覧。100株でも優待がもらえる!【飲食店編】

関連  すかいらーくの株主優待!年間総合利回り「6%」の理由とは

日本マクドナルドホールディングスの株主優待をもらうために

 株主優待検索・30年チャートあり

SBI証券では、【株主優待検索】という優待内容や優待権利月、金額などを簡単に絞り込める機能が利用できるため、自分のお好みの株主優待銘柄を手軽にピックアップして、あれこれと楽しく吟味することができます。

株式売買手数料も安く(さらにNISA口座なら買付・売却ともに0円!)、これから株主優待銘柄を楽しみながらコツコツと増やしていきたい方には最適な証券会社です。また、IPO引受幹事数もトップ水準なため、IPO投資のために2016年より私も口座を開設しました。


その他とにかくメリットの多い証券会社なので、株主優待・IPO投資に興味がある方でまだ口座を開設されてない方ならば、早めに申し込まれてはいかがでしょうか。

↓口座開設はこちら
SBI証券

関連 SBI証券でIPO投資&株主優待は、利用しないともったいない!