4月最後のIPO銘柄・アセンテックの株価はどこまで上がる?

アセンテック株価上昇
本日の日経平均株価は、続伸となりました。
18,875.88円 前日比 +255.13円(+1.37%)

ドル円為替は、先週末から円安が進んだ流れから110円台で安定的。

フランス大統領選を通過し、外部要因の懸念材料を一つ消化したのを背景に、日経平均株価は久々の勢いのある上昇となりました。明日は、4月最後のIPO銘柄のアセンテック(3565)の上場です。

スポンサーリンク
[adsense]

スポンサーリンク

アセンテックとセカンダリ

日経平均株価が元気だった一方で、マザーズ市場は続落、総崩れでした。

人気と期待値の高い、明日のアセンテック(3565)もマザーズ銘柄の新規上場なので、明日は無理でも明後日の午前中ぐらいにあっさりと寄る可能性もありそうです。

直前の4/18(火)に上場した旅工房の初値は、公開価格の1,370円に対し、翌日の4/19に3,750円と人気の割には(感覚的に)案外低く寄り付いたことから、”セカンダリー”で”イン”し、その後の瞬間最大風速を見計らって、うまく利益を確定させた人は多かったのではないでしょうか。

(旅工房は4/21に年初来高値で5,540円をつけました。)

ただし、明日4/25(火)は地政学的リスク、つまりは「北朝鮮リスク」の山場でもあるため、”有事”にでも発展しそうな懸念が強まるならば、相場に冷や水を入れることにもなりかねません。

なかなか興味深い動きとなりそうなので、明日以降の寄り付きは注目してみたいと思います。

また、現在のところIPO不作の5月に予定されているIPO銘柄はありませんが、6月に新規上場となる企業については、5月のゴールデンウィーク明け頃から聞こえてくるのではないでしょうか。

関連  メルカリの上場はいつ?IPO株価はどうなる?

関連  ラクスルの上場はいつ?IPO株価の行方は…

関連  佐川急便の上場はいつ?IPO株価はどうなる?