ロイヤルホールディングスの株主優待!

ロイヤルホールディングス 株主優待
ロイヤルホールディングス(8179)は、「ロイヤルホスト」天丼「てんや」などの外食事業からコントラクト事業、機内食事業、「リッチモンドホテル」のホテル事業から食品事業などを行っている会社です。

ロイヤルホールディングスの株主優待は、ロイヤルグループの店舗で利用可能な優待券500円分以上をもらうことができます。

権利確定月は6月末日・12月末の年2回のため、1年を通じては1,000円分以上をもらえる株主優待となっています。

スポンサーリンク
[adsense]

スポンサーリンク

ロイヤルホールディングスの株主優待

株主優待の内容:株主優待券

 優待券(1枚当たり500円相当)

100株~499株 500円相当(年間1,000円)
500株~999株 5,000円相当(年間10,000円)
1,000株以上(一律) 12,000円相当(年間24,000円)

  • 優待発送時期:9月中旬・3月下旬
  • 有効期限:発行時期より1年間
  • 利用枚数の制限なし
  • 他の割引券・優待券・サービス券(いずれか1枚に限り)との併用OK
  • 現金との引き換え、および釣銭との交換不可
  • 店舗の展開地域:全国

決算 3月末日
権利確定日 12月末日・6月末日 年2回
優待獲得最小単位 100株以上
配当利回り(会社予想) 1.02% 2017/04/11現在
1株あたり配当金(※) 22円(中間0円・期末22円) 100株:2,200円
最小購入価格 215,700円 2017/04/11現在

株主優待が利用できる店舗

【ロイヤルホールディングスグループ店舗】

  • ロイヤルホスト
  • てんや(天丼)
  • カウボーイ家族
  • シズラー
  • シェーキーズ
  • ロイヤルガーデンカフェ
  • カフェクロワッサン
  • ローズベーカリー
  • ピンクベリー
  • スタンダードコーヒー
  • スパイスプラス
  • リッチモンドホテル

※一部、利用できない店舗があります。

スポンサーリンク
[adsense]

株購入のタイミングと株価の推移

市場・証券コード 東証1部/福証・8179
株価(※) 2,157円(17/04/11現在)
PER(会社予想/連) 29.90倍(同上)
PBR(実績/連) 1.73倍(同上)
自己資本比率の推移(連) 53.6%→50.4%→50.3%/2014~16年12月期
売上の推移(百万円) 124,857→130,327→133,025/同上
経常利益の推移(百万円) 4,579→5,021→5,205/同上

↓別リンクで開きます。
(株)ロイヤルホールディングス2年チャート【yahooファイナンス】

ロイヤルホールディングスの会社概要

ロイヤルホールディングス(株)

本社所在地:〒154-0015 東京都世田谷区桜新町1-34-6

業種は「小売業」です。

【国内グループ店舗数】

  • ロイヤルホスト:224店舗(平成28年)
  • てんや:174店舗 (平成28年)
  • カウボーイ家族:36店舗(平成29年4月11日現在)
  • シェーキーズ:22店舗(〃)
  • シズラー:8店舗(〃)
  • ロイヤルガーデンカフェ:7店舗(〃)
  • ローズベーカリー:5店舗(〃)・その他海外店舗あり
  • カフェクロワッサン:4店舗(〃)
  • ピンクベリー:7店舗(〃)
  • スタンダードコーヒー:3店舗(〃)
  • スパイスプラス※3店舗(〃)
  • その他/レストラン花の木
  • リッチモンドホテル:41店舗(〃)

※霞ヶ関イイノダイニング店は2017年4/28で閉店予定

優待銘柄のまとめと年間総合利回り

いつもより一段上の食事をとりたい。

気軽に生きたいけれど、いつもの”ファミレス”より少し奮発して食事を楽しみたい時の選択肢として、ロイヤルホストを選ばれる方も多いのではないでしょうか。

【年間総合利回り(配当利回り+優待利回り)の計算】

①年間配当金:2,200円×年1回+株主優待(※)500円×2=3,200円

②2017年04/11時点での最小購入単位215,700円

③ ①÷②×100≒1.48% 

※100株株主の場合

配当金と株主優待を合わせた総合利回りでも1%台と高くはないですが、裏を返せばそれだけ人気のある銘柄と言えるのかもしれません。

株価的にも、2016年8月中旬を底に右肩上がりが続いています。

関連  株主優待一覧。100株でも優待がもらえる!【飲食店編】

ロイヤルホールディングスの株主優待をもらうために

 株主優待検索・30年チャートあり

SBI証券では、【株主優待検索】という優待内容や優待権利月、金額などを簡単に絞り込める機能が利用できるため、自分のお好みの株主優待銘柄を手軽にピックアップして、あれこれと楽しく吟味することができます。

株式売買手数料も安く(さらにNISA口座なら買付・売却ともに0円!)、これから株主優待銘柄を楽しみながらコツコツと増やしていきたい方には最適な証券会社です。また、IPO引受幹事数もトップ水準なため、IPO投資のために2016年より私も口座を開設しました。


その他とにかくメリットの多い証券会社なので、株主優待・IPO投資に興味がある方でまだ口座を開設されてない方ならば、早めに申し込まれてはいかがでしょうか。

↓口座開設はこちら
SBI証券

関連 SBI証券でIPO投資&株主優待は、利用しないともったいない!