2017年権利付き最終日・権利落ち日カレンダー

2017年 権利確定日
酉年(とりどし)・2017年(平成29年度)の株式相場における権利付最終日カレンダーです。

株主優待・配当金を獲得するための参考にどうぞ。

スポンサーリンク
[adsense]

スポンサーリンク

2017年(平成29年度)の権利付最終日カレンダー

それぞれの会社の優待・配当金の権利を獲得するためには、各企業が設定する決算月又は中間決算等の「権利付最終日」までにその会社の株(銘柄)を購入しておく必要があります。

権利付き最終日権利落ち日権利確定日
1月26日(木)27日(金)31日(火)
2月23日(木)24日(金)28日(火)
3月28日(火)29日(水)31日(金)
4月25日(火)26日(水)28日(金)
5月26日(金)29日(月)31日(水)
6月27日(火)28日(水)30日(金)
7月26日(水)27日(木)31日(月)
8月28日(月)29日(火)31日(木)
9月26日(火)27日(水)29日(金)
10月26日(木)27日(金)31日(火)
11月27日(月)28日(火)30日(木)
12月26日(火)27日(水)29日(金)

【注意】
※上記一覧表は、月末が権利確定日の会社の場合です。
(たまに、15日や20日の会社もあるのでご注意ください。)

いつ買ったらよいのか、よくわからない方のために

優待・配当金の権利確定月が1月末日である会社があったとします。

この会社の優待・配当をもらいたい場合、1月26日(権利付最終日)に株を買って、27日の翌営業日(権利落ち日)には売ってしまったとしても、優待・配当金の権利はちゃんともらえます。

初めての方には、違和感のある仕組みかもしれませんね。

「権利確定日」と「権利付き最終日」のおさらい

くどいですが、それでもまだよくわからないという方のために。

株主は権利確定日に株式名簿に名前を記載されることによって、初めて配当金や株主優待をもらう権利を得ることになります。

現在の制度では、株を買ってから株主名簿に記載されるまでに購入日を含めて4営業日(休日・祝日を除くという意味)かかります。つまり、権利確定日から4営業日前の権利付き最終日が、実質的に権利を取るために株式を購入するラストチャンスです。

また、これらの権利の付与はこの権利付き最終日たった1日の保有の有無で決まります。

なので配当金・株主優待が目当ての人は、この権利付き最終日の相場が終了した時点で保有(または購入)していればよく、前日には持ってなくても良いし、翌日(権利落ち日)には売ってしまっても、今回の配当金と株主優待はもらえることになります。

権利確定日・・・企業ごとの決算締日。上場会社は3月31日が多い。

2017年の大発会&大納会

ちなみに2017年における大発会と大納会は、

  • 大発会:1月4日(水)
  • 大納会:12月29日(金)

であり、取引時間は前場9時~11時半、後場12時半~15時と通常の取引時間とまったく同じとなっています。