ティビィシィ・スキヤツトが上場!株価の行方は?

ティビィシィ・スキャット 上場
11月21日(月)、テイビィシィ・スキヤツト(3974)のJASDAQスタンダードへの新規上場が承認されています。

テイビィシィ・スキヤツトは、美容サロン向けICT(情報通信技術)事業、中小企業向けビジネスサービス事業および介護サービス事業を行っている会社です。

これにより、テイビィシィ・スキヤツトは12月27日(火)に上場予定となり、今のところ2016年最後のIPO銘柄となっています。(本年の取引最終日である大納会は、12月30日(金)です。)

スポンサーリンク
[adsense]

スポンサーリンク

ティビィシィ・スキヤツトが新規上場へ!

【12/5追記】ティビィシィ・スキヤツトの仮条件が、1,300円~1,400円で決定しています。

【追記】

公開価格は、仮条件の条件となる1,400円で決定しました。

株式会社ティビィシィ・スキヤツト

想定価格1,340円から計算したPER22.7倍PBR3.22倍、公開時価総額目安は39.6億円です。業績面では、第44期(平成23年10月)から第48期(平成27年10月)の売上高(単独)・利益(単独)としては横ばい状態が続いています。

業種は「情報・通信業」です。

上場日までのスケジュール

3974  ティビィシィ・スキヤツト

  • 市場:    JASDAQスタンダード
  • 上場日:     12/27(火)
  • 仮条件決定日:  12/5(月)
  • BB期間:    12/7(水)~12/13(火)
  • 公開価格決定:  12/14(水)
  • 購入申込期間(※):12/16(金)~12/21(水)
  • 払込期日:    12/26(月)

(※)証券会社によって期日が異なるため、お申込み証券会社でご確認ください。

発行条件など

  • 決算:10月
  • 申込単位:100株
  • 想定価格:1,340円
  • 仮条件:1,300~1,400円
  • 公開価格:1,400円
  • 公開株式数:250,000株
    (公募140,000株・売出80,000株/OA30,000株)
  • 上場時発行済株式数:1,820,000株

オーバーアロットメント(OA)合わせて250,000株なので、最大当選枚数は2,500枚です。

当選枚数は、とても少なく当たりにくい銘柄です。想定価格1,340円で計算した吸収金額は、約3.35億円で、東証マザーズ市場としては、「超小型規模」となります。

申込みができる証券会社

※ブックビルデング申込期間は、12/7(水)~12/13(火)となっています。

ロックアップと株主上位

氏名・名称 所有株式数(株) 所有割合(%) ロックアップ
齋藤 靜枝 604,728 33.23 180日
(株)ティビィシィ・スキャット 545,024 29.95
キャノンマーケティングジャパン(株) 93,812 5.15 180日
富国生命保険相互会社 68,000 3.74  180日
安田 茂幸 40,520 2.23 180日
東京海上日動火災保険(株) 36,000 1.98 180日
田中 秀幸 21,200 1.16 180日
齋藤 武志 16,200 0.89 180日
石塚 久美雄 13,200 0.73 180日
齋藤 悦代 12,900 0.71 180日

 自己株式のうち140,000株が上場の際に処分(公募に含む)されます。
※180日目は、平成29年6月24日(土)

スポンサーリンク
[adsense]

ティビィシィ・スキヤツト上場のIPO株価の初値予想

一般的な初値予想としては、そもそも公開数が少ない=当選しにくい、それに吸収価格が約3.35億円と市場規模もかなり小さいことから、想定価格の1,800円に対しては高い初値が期待できそうです

JASDAQスタンダード&超小型株&と、需給的な要素だけでも株価上昇余地はありますが、業種的には、サロンや美容向けのITソリューションであり、人気の「IT系IPO」としての評価としては、少し限定的になるものと思われます。

ただし、非常に当選しにくい部類のレアIPOなので、当選者はそれだけでも初値を楽しみに待つことができそうですね。いよいよ2016年も最後の月となります。

【上場日・IPO銘柄名・市場】

12月IPO

ティビィシィ・スキヤツトのIPOに応募する方法

SBI証券

今回の幹事証券です。
IPOに力を入れており、2015年のIPO取り扱い銘柄数NO.1のネット証券です。これからネット証券でIPOにチャレンジするならここはマストで、欠かせません。

口座開設は無料、口座維持費用もかかりません。新規口座開設時にはキャンペーンが多いメリットのみならず、IPOについては外れても「IPOチャレンジポイント」というのが付与されます。

このポイントは貯めて次回以降のIPOに使うと、当選確率が上がるため、申込続けてポイントを貯めれば、理論上いずれかは必ず当選することになります。