ゼンショーホールディングス(すき家)の株主優待!

すき家 株主優待
ゼンショーホールディングス(7550)は、牛丼チェーン最大手の「すき家」や回転ずしの「はま寿司」などを運営している会社です。

ここの株主優待は、全国にある「すき家」を始めとするゼンショーグループ各店舗で利用できる株主優待券1,000円分以上をもらうことができます。権利確定月は、3月と9月の年2回なので、年間にすると2,000円分以上をもらえる優待となります。

スポンサーリンク
[adsense]

スポンサーリンク

ゼンショーホールディングスの株主優待

株主優待の内容:優待券又は代替品(300株主以上)

 優待券

100株~300株未満 1,000円分(500円券×2)
300株~500株未満 3,000円分(500円券×6)
500株~1,000株未満 6,000円分(500円券×12)
1,000株~5,000株未満 12,000円分(500円券×24)
5,000株~ 30,000円分(500円券×60)

(代替品を希望の場合)

300株~ 優待券3,000円分1冊につき、優待代替品の中から1セット

  • 発送時期:6月下旬・12月上旬
  • 有効期限:約半年間
  • 現金との引き換え、釣銭の受け取り不可
  • 他の割引券との併用不可
  • 年間獲得優待(100株の場合):1000円×2回=2,000円分/年
  • 店舗の展開地域:全国

権利確定日 3月末日・9月末日 年2回
優待獲得最小単位 100株以上
配当利回り(会社予想) 0.84% 2016/10/24現在
1株あたり配当金 16円(期末8円) 100株:1600円
最小購入価格 189,900円 2016/10/24現在

 決算期:3月末日

【株主優待が使えるお店】

日本国内のゼンショーグループ各店舗

  • 牛丼チェーン「すき家」
  • スタンダードレストラン「ココス」
  • ファミリー焼肉レストラン「宝島」
  • メキシカンレストラン「エルトリート」
  • 焼肉・しゃぶしゃぶ「牛庵」
  • 焼肉倶楽部「いちばん」
  • 手ごねハンバーグ・サラダバー「ビッグボーイ」
  • 手ごねハンバーグ・サラダバー「ヴィクトリアステーション」
  • 自家製うどん「久兵衛屋」
  • 丼ぶりと京風うどん「なか卯」
  • 回転寿司「はま寿司」
  • パスタ専門店「ジョリーパスタ」
  • 和食レストラン「華屋与兵衛」

※一部、利用できない店舗があります。

スポンサーリンク
[adsense]

株購入のタイミングと株価の推移


ゼンショーホールディングス 2年チャート 【引用元:ヤフーファイナンス】

証券コード 7550
株価(東証1部) 1,899円(16/10/24現在)
PER(会社予想/連) 40.30倍(同上)
PBR(実績/連) 4.85倍(同上)
自己資本比率の推移(連) 23.4%→21.0%→22.2%/2014~16年3月期
売上の推移(百万円) 468,377→511,810→525,709/同上
経常利益の推移(百万円) 7,957→2,875→11,380/同上

グループ店舗数:9か国・4,793店舗(平成28年9月末時点)

  • すき家:1,969店 (2016年8月2日現在)
  • なか卯: 467店 (2016年8月2日現在)
  • はま寿司:448店 (2016年10月7日現在)
  • 華屋与兵衛/和食よへい:140店舗
  • その他

株価プラス期待
・・M&Aを積極的に展開中。「フード業世界一」を目指す道半ば。グループ主力の「すき家」の既存店売上は6月より回復傾向に。

株価マイナス懸念
・・PER・PBR的には割高。株価はここ10年のうちで最高値圏。

 株主優待検索・30年チャートのある証券会社
>>SBI証券口座開設はこちら

ゼンショーHDの会社概要

すき家メニュー 株主優待

7550 (株)ゼンショーホールディングス
本社所在地:〒108-0075 東京都港区港南2-18-1
JR品川イーストビル

ゼンショーHDは、牛丼チェーン首位の「すき屋」を筆頭に、回転ずしの「はま寿司」ファミレスの「ココス」「ジョリーパスタ」などフードサービスチェーンの経営、販売システム・食材加工システムの開発などを行っている外食企業として売上高トップの企業です。

海外でも中国、ブラジル、タイ、マレーシア、メキシコ、台湾、インドネシア、ベトナムなど8か国に出店し、いまや世界の外食企業の中でもトップ10に入っています。ゼンショーグループは、原材料の調達から製造・加工、物流、販売までのすべての流れを自社管理で行っています。

現在のところ、事業には「国内外食事業」「海外外食事業」「小売事業」「介護事業」と4つの事業の柱を据え、規模のビジネスを生かした積極的なM&Aを行ってさらなる拡大を目指しているようです。

■ 【売上高構成比率(連結)】

牛丼カテゴリー:35.5%
レストランカテゴリー:25.0%
ファストフードカテゴリー:22.6%
その他カテゴリー:5.2%
小売事業:11.7%

優待銘柄のコメント&まとめ

ゼンショーHD 牛丼
すき家と言ったら、「キング」牛丼でしょう。

最近のメニューには、「特盛」の上を行く「メガ」までしか載っていませんが、裏メニューとして「キング」は今でも注文ができるそうです。

キング盛りは、ご飯が「並盛」の3倍弱、肉は6倍という豪華さ。

メガ牛丼730円(税込)は、カロリーが1163kcalとこれはこれで大ボリュームなのですが、キング牛丼1,140円(税込)はその遥か上を行く2240kcal、という圧倒的ボリュームです。

なお、お持ち帰りはできません。

私も10年くらい前に、1度だけ挑戦して何とか食べきった覚えがありますが、今はもう無理なことでしょう。食べたいとも思わないですが。

ちなみに、カレーや豚丼でも「キング」にすることは可能なので、大食いに自信がある方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

【年間総合利回り(配当利回り+優待利回り)の計算】

①年間配当金:1,600円+株主優待:1,000円×2=2,000円分

②2016年10/24時点での最小購入単位189,900円

③ ①÷②×100≒1.89% 

※100株株主の場合

関連  株主優待一覧。100株でも優待がもらえる!【飲食店編】

関連  松屋フーズの株主優待!

関連  吉野家の株主優待!