日銀の金融緩和強化策で銀行株が急騰

日銀と銀行株
本日の日経平均株価は、大幅な反発の全面高となりました。
16,807.62円 前日比 +315.47円(+1.91%)

本日、日銀の金融政策決定会合後の黒田総裁が金融緩和の強化を発表。

前場はマイナス圏だった株価ですが、これらの発表を受けての後場1時30分近くのからの株式相場は一気に上昇に転じました。今夜は米FOMCの政策金利の声明(日本時間:22日AM3時)がありますが、「9月の利上げ」は見送られる予想が強くなっています。

スポンサーリンク
[adsense]

スポンサーリンク

日銀の金融緩和強化策により銀行株が急騰

長短金利付き量的・質的金融緩和

本日の株式相場、後場からの日経平均株価大幅上昇の引き金となった日銀の黒田総裁の記者会見。

2%の物価上昇目標」はいまだ未達成であることを認めながら、手詰まりになったわけではないことを強調。これからは従来の量的な緩和政策のみではなく、金利操作を重視しながら柔軟に目標達成を目指していくようです。

  • 「金利ターゲット」導入による長期金利(10年物国債)の0%誘導
  • 年間80兆円の国債購入による量的緩和維持(増減の可能性あり)
  • 政策金利は据え置き(マイナス0.1%)
  • 年間6兆円のETF購入は維持(買入れ銘柄の変更あり)

2年以上過ぎた現在でも2%の物価上昇目標が達成できていないのは、大幅な原油価格下落など外部要因が理由であることを上げています。

また、ETFの買い入れ銘柄の変更により、年間の2.7兆円分はTOPIX連動型に配分することを発表したことや、金融機関などから反発も出ていたマイナス金利の深堀懸念が一旦後退した理由などのためか、後場に銀行株が急騰することになりました。

三菱UFJフィナンシャルG(8306)
9/21株価 553.3円 +37.9円(+7.35%)

三井住友フィナンシャルG(8316)
9/21株価 3,689円 前日比 +252円(+7.33%)

みずほフィナンシャルG(8411)
9/21株価 186.1円 +11.9円(+6.83%)

りそなHD(8308)
9/21株価 469.1円 +35.1円(+8.09%)

ちなみに本日の日銀によるETF買い入れ額は733億円でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする