JR九州が株式分割!串カツ田中は上場!

分かれ道株式相場
本日の日経平均株価は、反落となりました。
16,614.24円 -114.80円

ドル円為替は103円台の円安傾向。

前日の米国株式市場NYダウは大幅下落。原油安も重なって珍しく円安パワーも効果なく、日本の株式相場は下落となりました。今日も日銀のETFは733億円の買い入れとなっています。

スポンサーリンク
[adsense]

スポンサーリンク

JR九州が株式分割1:500

10月25日(火)に上場予定のJR九州が、1:500の株式分割を行ったことを発表しました。

これにより今まで32万株だった発行済株式総数が1億6000万株になり、予想時価総額5000億円からの逆算では、1株あたり株価は3,125円で100株単位だと、312,500円になります。

9月15日(木)想定価格は1株2450円と発表されました。この場合の予定時価総額は3,290億円となり、100株単位での購入価格は245,000円になります。

やはり以前の記事で予想した通りとなりましたが、他の上場済みのJR3社の初値とその後の現在の株価を考えると、中長期では保有したいと考える投資家は多そうです。

関連 JR九州がついに上場!株価はどうなる?

串カツ田中(3547)が上場!と初値は

また、本日9月14日は串カツ田中(3547)が上場となりました。

公募価格3,900円に対し、初値となる始値は4,425円。高値では5,130円の終値が4,970円。日経平均株価が下落の中で、IPO銘柄の3社は逆行高です。

本日同日に上場となった、カネミックネットワーク(3939)とデジタルアイデンティティ(6533)は、串カツ田中を上回る上昇ぶりで、公募価格を大きく上回る株価となりました。

  • カネミックネットワーク:公募価格3,000円⇒寄らず(6,900円ストップ)
  • デジタルアイデンティティ:公募価格1,540円⇒初値2,900円⇒終値2880円。

同日に3社が上場ということで、人気の分散化により、串カツ田中の株価的な上値は重いのではないかと予想していましたが、蓋を開けてみれば悪くない勢いとなりました。このままいけば、串カツの田中のロックアップ解除の条件、1.5倍5,850円が一つの目標というか上昇目安になってきそうですね。

さぁ、明日の株式相場でもこの勢いは続くのでしょうか?

関連 串カツ田中がついに上場!株価はどうなる?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする