オリンピックの盛り上がり中、JR九州の上場予定日が決定?

オリンピックとメダル
本日の日経平均株価は、3営業日ぶりの反落となりました。
16,735.12円 前日比 -29.85円(-0.18%)

明日の「山の日」と13日(土)から「お盆の入り」が迫っています。全体的にはやくも休みモードなのか、株式相場の商いは低調で、東証1部の売買代金は2兆906億円でした。

上昇した銘柄は、1584社。値下がり銘柄は1760社。

なお本日、JR九州の上場予定日が10月25日(火)になるのではという情報が流れました。私の予想は10月12日(水)だったので、この日で確定だとすると残念ながら予想は外れてしまったことになります。やっぱり”火曜日”が好きなんでしょうか。

関連   JR九州がついに上場!株価はどうなる?

スポンサーリンク
[adsense]

スポンサーリンク

オリンピックと株式相場

本日の日銀によるETF買い入れは、707億円でした。

日経平均株価は、後場には一時上げる局面もあったものの、その後は力なく落下。昨日の個別銘柄が物色された相場とは一転、夏枯れ相場閑散相場なのかさしたる株価上昇の肥しもなかったようです。

TVでは、リオオリンピックが盛り上がっていますね。

そういえば事前の評判では、

「そもそも施設間に合うのか?」

「テロとか大丈夫なの」「ファベーラのギャングが…」

などと色々心配されていましたが、蓋を開けてみれば普通に盛り上がっているように思えます。

日本選手の頑張りにより、毎日のようにメダルラッシュが続き、我々としても見ていて楽しいですよね。

オリンピック代表選手なのに、いままで日本人にもほとんど知られていなかった人が、メダルを取って急に脚光を浴びる。カヌーで「世界一」になることを夢見て、10代の若者がスロバキアに渡って10年とか、夢物語すぎます。

わが子がメダリスト!生きているうちに、こんな感動が待っているなんて!」となります。

なんて、親孝行な息子なんでしょうか。

祝日明けの12日(金)の株式相場も、オリンピックは盛り上がっても、投資は様子見が多そうです。