2016年7月保有株のまとめ

ほうずき 画像
本日の関東(埼玉)はとても暑かったです。

昨日は7月29日の金曜日。今月最終日の株式相場は上昇となりました。

【日経平均株価】
16,569.27円 前日比 +92.43円(+0.56%)

日銀は追加緩和を決定しました。

29日の午前中は、黒田総裁の発言待ち。午後になって追加緩和の決定が告げられると、相場は乱高下となりました。年金の運用損5.3兆円はなんのその、もうなりふり構わずに株価を上げにかかったようにも思えますが、「下手なナンピンすかんぴん」にだけはならないことを願うばかりです。

スポンサーリンク
[adsense]

スポンサーリンク

7月の保有株の増減

【購入した株】
なし

【売却した株】
なし

今月の変動はありませんでした。

保有株一覧

保有株評価額推移

過去の成績(確定損益)

そういえば、マネックス証券のミニ株で、任天堂株はまだ1株(笑)持っています。やはり30,000円を超えたところで一旦売るべきでした。その後株価はピークアウト。完全に売り時を逃しました。

これから中長期的に第二波につながっていくかどうかはわかりません。やっぱり、「思い入れ」&「欲張り」は株式投資にとって大敵ですね。

マイルールとして保有株が急騰した場面では、最低でも半分は利益確定で売るということを心がけていますが、1株しかもっていないのでもっと上がることを期待して、売ることを躊躇した結果がこれです。

大暴落前には、各証券会社が目標株価を大幅に引き上げていました。中でも外資系。彼らがやたらと高い目標株価を出すときには、株価はすぐにピークアウトで下へと動くことが多いです。

バブルをもう少し長引かせる=時間を稼ぐためにやっているのではないかと勘繰りたくなります。

しかも、実は自分では”売ってたり”するから、ひどい。それって、詐欺じゃん!っていいたくなります。そう考えてみると、金融とは恐ろしい世界ですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする