来週の相場はどうなる?この土日に株価を占うための日程表

未来の株価
本日の日経平均株価は、反落となりました。
16,627.25円 前日比 -182.97円(-1.09%)

ドル円為替は106円の円高傾向。

噂のポケモンGOがやっと、日本解禁!

で、任天堂関連株がにぎわっていますが、日銀の黒田総裁は「ヘリコプターマネー政策」を否定。連日活況の任天堂相場ですが、本日の黒田総裁のネガティブ発言にはかなわなかったようです。

関連   任天堂相場でストップ高・年初来高値続出中!【ポケモンGO関連銘柄・連想銘柄24社一覧】

スポンサーリンク
[adsense]

スポンサーリンク

来週の株価を占うための日程表

さて、来週の日本の株価はどうなるの!

この土日にじっくり考えたい方のために。気になるイベントをざっくりまとめてみました。

  • 7月27日(水) :米連邦公開市場委員会(FOMC)の発表→7月の「利上げ」は見送られる予想。本命は9月か?
  • 7月29日(金) :GPIFより2016年1~3月期と2015年度の運用実績の公表→2016年度1~3月期は5兆円のマイナス、2015年度は5.5兆円前後のマイナスと最悪の評価損を予想。サプライズでなく、すでに織り込み済みか。
  • 7月29日(金) :日銀金融政策決定会合の発表→追加緩和期待も可能性は薄く、ゼロ回答は失望売りにつながる?
  • 7月29日(金) :欧州銀行のストレステスト結果発表→「モンテ・パスキ銀行」「ドイツ銀行」に厳しい評価なら、世界経済の不確実性が顕在化、するとリスクオフの流れに?
  • 7月31日(日) :東京都知事選挙→小池候補が当選なら、エコ推進。なので環境関連株が活況に?
  • 8月2日(火) :日本では『大規模経済対策』が閣議される予定
  • 8月5日(金) :米国7月雇用統計

なんだか盛りだくさんですね。

考えてみること多すぎ。

その他にも7月27日(水)には、話題の「任天堂」の2017年第1四半期決算発表と、2017年3月期の業績見通しの発表予定があります。

任天堂相場の行方

「そんなバカな!?」「ぎゃぁぁぁ」

そういえば、任天堂は本日7月22日付で、こんなIRを出しましています。

本日、米国法人Niantic, Inc.は、日本でもスマートデバイス向けアプリ『Pokémon GO』を配信開始しました。当アプリは、米国法人Niantic, Inc.が開発を行い配信しており、当社の関連会社である株式会社ポケモンは、ポケットモンスターの権利保有者としてライセンス料及び開発運営協力に伴う対価を受け取ります。

なお、株式会社ポケモンは、当社が議決権の32%を保有する持分法適用関連会社であるため、当社の連結業績に与える影響は限定的です。また、当社は、今後、当アプリと連動する周辺機器『Pokémon GO Plus』の製造及び販売を予定しております。これらは、既に平成28年4月27日に公表しました当社連結業績予想に織り込み済みです。直近の状況を鑑みても、現時点では、当業績予想の修正は行いません。今後、業績予想の修正が必要になった場合には、適時開示を行います。

以上
『Pokémon GO』の配信による当社の連結業績予想への影響について

※下線は当ブログで加えました。

そりゃないよ、任天堂。

過熱しすぎた株価を、自ら火消のためにわざわざIRでネガティブ発表?

これは「余計なことするなよ!」という株主の声が聞こえてきそうです。
特に今日、まさに土日持ち越す気で購入した人からは、「なんで今出すかな!?」と怨嗟の声すら…。

任天堂さんは、なにか株価がいったん下がってもらいたい理由でもあるのでしょうか。

たとえば…

関連   任天堂が新規に「日経平均採用銘柄」の可能性。株価はさらなる高みへ?

いや、たんに27日の決算発表での「2017年3月期の業績見通し」時での失望ショックを緩和するために、事前に情報を小出しにしたとみるべきなのでしょう。みなさんが騒いでいるほど、収益は上振れしませんよ、という。

ともあれ来週は相場開始早々、任天堂相場の本家の株価は暴落からスタートしそうです。

いまや、東証1部売買の3割以上を占める任天堂株。相場じたいの雰囲気に与える影響も、やはり軽微ではないことでしょう。

ちなみに、任天堂からは2017年3月に新型ゲーム機「任天堂NX」がリリース予定となっているようで、任天堂の本当の大復活のカギは、こちらの方が握っているようです。
スポンサーリンク
証券

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする