英国ポンド急落で31年ぶりの安値更新。まだまだポンドは下がる?

ポンド安値更新画像
本日の日経平均株価は、7営業日ぶりの反落となりました。
15,669.33円 前日比 -106.47円(-0.67%)

ドル円為替は円高に進み、日本の株は下落。
ある意味セオリー通りというか、最近は為替の動きを見ていれば日経平均株価もだいたいの想像がつきますよね。

そんな中、7月IPO銘柄のセラクは今日も大幅高、というかストップ高

関連  7月IPO「セラク」の初値は公募価格の約3倍!

すごいですね。まったく景気がいい。
確かにマネーゲームの域だとは思いますが、そうはいっても株は勝てば官軍です。でもこの上昇はいったいどこまで続くのでしょうか。

スポンサーリンク
[adsense]

スポンサーリンク

英国ポンド急落で31年ぶりの安値更新

また為替では、再び英国ポンドが急落しています。

対ドルでは31年ぶりの安値を更新で、イギリス国民投票日、EU離脱ショック後の安値をさらに下回りました。ポンド・USドル最新チャート(yahoo!finance)

FX相場ではまた大幅に利益を増やした人、大損した人達がそれぞれ増えていることでしょう。

一方で、自国通貨が安くなると海外からのお客が増えたり、株高になりやすくなります。

そういえば最近のポンド安では中国人の爆買客がイギリスに殺到しているそうですが、ロンドンではこれでさらに中国人の人口密度が増えそうですね。

イギリスの株式市場FTSE100では、EU離脱ショック直後に株価は暴落したものの、その後は回復というよりか堅調に株高が続いています。日本の株式相場ではまだ元の水準にまで戻っていないことを考えれば、本拠地はのんきなものです。

ポンドはまだまだ下がると見ている人が多いようですが、どうなることでしょうか。逆に大リバウンドがあった場合には悲劇的な状況になるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする