7月IPO「セラク」の初値は公募価格の約3倍!

セラクIPO 株価上昇
本日の日経平均株価は、6営業日続伸でした。
15,775.80円 前日比 +93.32円(+0.60%)

相場中のドル円為替は若干の円安傾向。

東証一部の出来高は15億7950万株と今年最低を記録した閑散相場での上昇となりました。

今晩のアメリカの株式市場は独立記念日で休場となっています。今週末には参議院選とアメリカの6月の雇用統計の発表を控えてもいるので、今週は様子見の方も多そうですね。

選挙前の金曜日が最後の売り場になるのか、それともまだ上昇は始まったばかりなのでしょうか。

スポンサーリンク
[adsense]

スポンサーリンク

7月IPO「セラク」の初値は公募価格の約3倍

本日は日経平均株価も上昇となりましたが、マザーズ指数はさらに大幅上昇となっています。
1,056.57 前日比+28.69 (+2.79%)

マザーズ指数も6営業日続伸。

7月1日(金)上場日ながら買いが殺到で初値が付かず、本日やっと初値が付いたIPO銘柄の6199セラクは、公募価格1,500円に対し初値が3,900円、終値が4,600円という大幅上昇となりました。

公募価格からすると、約3倍という株価にIPOに当選した方は笑いが止まらないことでしょう。

あまりの過熱ぶりに一部では、7月IPO株第二弾となる7/15のLINE上場日までの「マネーゲーム」ではないかとの声もあるようですが、どこまで上がるのかに注目が集まります。

この会社は近年の業績は右肩上がりで良いものの、成長株の多い新興市場とはいえPER47.98倍、PBR16.39倍は割高に思われ、さすがに今から乗るのにはリスクがありそうです。

もちろんうまく乗ることが出来れば一瞬で儲かるでしょうが逆も十分あるわけで、その潜在的成長率を見抜いていんだ!という投資家の方を除き、すでに博打的な勝負になっていると思います。

今月の下旬、7月29日(金)には日銀の金融政策決定会合の発表があります。追加緩和で株価上昇に弾みがつくのか。それとも参議院選挙後には、株価は失速してしまうのでしょうか。

関連  JR九州がついに上場!株価はどうなる?

関連  LINEがついに上場!株価はどうなる?

関連  コメダ珈琲がついに上場!株価はどうなる?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする