あす5月10日午前3時いよいよ公開!「パナマ文書」で革命が起きる?

パナマ文書 危険 革命
GW明け、本日の日経平均株価は7営業日ぶりの反発となりました。
16,216.03円 前日比 +109.31円(+0.68%)

円高の一服に、連日の下げからの割安感からの押し目買い。

そういえば明日、日本時間の5月10日(火)の午前3時にパナマ文書が公開されちゃいます。
関連  「パナマ文書は意図的リーク?」世界で誰が何を起こそうとしているのか。

日本の企業名も沢山含まれているようですが、TVのニュースは報じることができるのでしょうか。スポンサーを糾弾するようなことにもなりかねません。

スポンサーリンク
[adsense]

スポンサーリンク

革命家気取りなパナマ文書

「超富裕層の腐敗が資本主義を崩壊させ、革命を引き起こす可能性がある」

パナマ文書をリークした匿名の提供者が発表した声明の中の言葉です。

匿名ですが、John Doeという仮名があります。

なんか胡散臭いですよね、この人。

個人的には、脱税まがいの節税をやっている金持ちなんてけしからん!消費税増税の前にケイマンとかを使って法人税を回避している企業から取ってからにしてくれ!と庶民的な感覚で、少しワクワク期待をしていたところがありました。

でも、この革命家気取りの声明を読んで一気に覚めました。

自ら正義を語るような感覚って、海外(とくにアメリカ)にはありがちなのかもしれませんが、何か違和感を禁じ得ません。

1150万点にも及ぶと言われるパナマ文書自体は、ねつ造ではないかもしれませんが、この文書を使って大衆を扇動させようとしているのがみえみえに思えるのです。

リークされた文書は、世界から集まった国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)のよって調査・分析されており、日本では共同通信が参加しています。

↓ICIJのサイト(英語)
https://panamapapers.icij.org/

おそらく国内の報道機関での追及は期待できないでしょうが、明日以降の世の中にどんな変化があるのか(またはないのか)、大注目ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする