「今夜はドラギナイト!」ECB追加緩和でドラギサプライズは出るのか?

今夜はドラギサプライズ
本日の日経平均は、4営業日ぶりの反発となりました。
16,852.35円 前日比 +210.15円(+1.26%)

前日のNYは小幅高。今日の上海総合指数は下落。原油急反発。為替は円安。

今夜は欧州中央銀行(ECB)の定例理事会、ドラギ総裁の発言待ち。日本時間の21時45分に政策金利発表。22時30分から記者会見。

ドラギ総裁はすでに今年の1月の段階で、この3月での追加金融緩和の可能性を示唆しています。今回はその発表自体は想定されているので、肝心なのは中身の方です。

そう、今宵は「ドラギナイト」

ユーロ・ドル、ユーロ・円は、どちらかに大きく動くことが予想され、先物やFXの世界では祭りに参戦するかどうかを検討している人も多そうです。

「上か下か!?」の勝負ですからね。ピンチはチャンス。

今夜は大損を被る人もいれば、大金を得る人もでることでしょう。
(私は先物やFXはやっていませんが。)

スポンサーリンク
[adsense]

スポンサーリンク

予想されるドラギナイトの内容

市場予想やロイター調査などをみると、

  • ECBの預金金利をマイナス幅拡大(-0.3%⇒-0.4%に引き下げ)
  • 資産買い入れ額の増額(月額100億~150億ユーロ/600億⇒700~750億ユーロへ)
  • 資産買い入れ額の期間延長

などが予想されています。

ドラギ砲炸裂?ドラギサプライズとなる可能性があるもの

その他に、

  • 国債購入利回りの下限撤廃
  • レポレート(ECBの主要政策金利)のマイナス化

松崎美子氏欧州中銀(ECB)の5つの追加緩和手段より引用。

などが出れば、ドラギ・サプライズ、ドラギ・フィーバー、ドラギ砲炸裂…ということで、ユーロ売りが加速する可能性が高くなります。

ユーロ売りでドルが強い流れであれば、ドル・円にも影響がでてくるかもしれませんね。つまり、円安にまで波及してくるのか。

私はもうFXやってませんが、こういうのを考えながら市場を眺めるのは面白いですよね。さぁ今夜も世界中で大博打が繰り広げられます。