あの東芝が【年初来安値更新中】の残念なことに…

東芝本社東芝本社ビル(東京都港区)

本日の日経平均は、続落となりました。
18,916.02円 前日比 -70.78円(-0.37%)

また19,000円台を割り込んでしまいました。

一時は300円以上の下落だったのが、後場に入って下げ幅を縮小し引け間際には水面上(前日比)まであと6.97円という所まで行きました。

まぁ、下げは下げなわけですが。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東芝の株価が残念なことに…

本日の東証1部においての個別銘柄の値下がり第一位は、21日の本日7800人にも及ぶリストラ策を発表した東芝となりました。

これらの人員削減策費用などを今期に計上するにあたり、2016年3月期連結決算の最終(当期)損益は5,500億円の過去最大の赤字転落となる見通しだそうです。

254.8円 前日比 -27.7円(-9.81%)

見事に年初来安値を更新です。


(株)東芝 1年チャート 【引用元:ヤフーファイナンス】

引け後のバッドサプライズは【織り込み済み】?

問題はこの発表は、後場の引け後だったという点です。

悪いニュースを事前に予想して大きく下げたと考えれば、すでに“織り込み済み”とも考えられますが、関係者を除く一般的投資家の驚きがいかばかりなのか、明日以降にどのように動くかが注目されます。

東芝については以前の記事でも書きました。

東芝が粉飾決算!?

東芝はオリンパスと同じ集団訴訟ラッシュの道!?

残念ながら東芝の凋落は一時的なものではなく、上場廃止にこそはなっていないものの、本格的にそのブランド・信用は失墜することとなりました。

日本を代表する企業としては頑張ってもらいたいものですが、そもそも内部に自らの体質を変革する気力というか余力が残っているのかが気になりますね。

年内の相場は12月30日(水)の大納会まで、6営業日となりました!師走に入り日々「あっ」という間に過ぎていきます。