【今年の漢字】”安”に対する違和感の正体

今年の漢字 安

本日の日経平均は、続落となりました。
18,565.90円 前日比 -317.52円(-1.68%)

前日のNYダウは高く終わった流れを受けて、前場の始まりはプラスから入った日経平均でしたが、その後じりじりと値を下げ、結局大きく落ちて終了となりました。

やっぱりFOMCを控えての様子見ってところでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2015年の「今年の漢字」は「安」?

「安」に決まったそうです。

財団法人日本漢字能力検定協会が、はがきやウェブサイトを通じての公募により決めた「今年の漢字」が、「」になりました。
http://www.kanken.or.jp/kanji2015/

「えっ…。あん?」

理由としては「安」保関連法案や、世界情勢や異常気象などの不「安」、偽装問題などでの暮らしの「安」全が揺らいだ、そしてとにかく明るい安村さんの「安」などのようですが、個人的には少し違和感がありました。

なんとなく投票者が、今年の後半にブレークしたとにかく明るい安村さんの「安」に引っ張られたのではないかと思ったからです。

また株式投資的にも、「安」を使った”株安”とか、”安い”という単語イメージもあり、

「何か安い年だったかなぁ」

といまいちピンとくるものがないからでした。

上半期にブレークした芸人と過去の今年の漢字

年の初めの方にブレークしたはずの、8.6秒バズーカさんがもはや忘却の彼方(?)で、「あったかいんだから~」の人もネットで検索すると、なぜか2語目の入力予測変換に「解散」と出てきてしまう始末。

基本的に、年の下半期にある出来事の方が印象が強いに決まっていますよね。

(なお、“Why japanese people?”の厚切りベーコンさんは、ピン芸人としての地位を獲得しつつあるように思えます。)

2位が「爆」3位が「戦」とのことですが、2位の「爆」の方がまだしっくりくるかなぁ。中国人の「爆」い。シリア空「爆」。

でも「爆買い」としては、今年の流行語年間大賞には選ばれていました。
2万円台回復の日経平均も「爆買い」?

【”今年の漢字”過去5年間の変遷】

 
日付 漢字 主な出来事
2011 東日本大震災発生
2012 京都大学の山中教授がノーベル賞獲得。ロンドンオリンピックで日本勢が金メダル7個
2013 東京オリンピック開催決定
2014 消費税が5%⇒8%に
2015 新安保関連法案の成立

2015年我が家の今年の漢字

個人的に我が家の漢字を考えてみます。

僕の自営業も2年目に入り、夫婦ケンカの激化や(笑)、その他にもなかなか激動な1年ではありましたが、最終的には 「信」です。

信念、自信、確信などの

もともと、ある程度の努力はするものの、何事にも「信念」の欠けていた僕が、初めてその大切さを考えさせられた年となりました。

目先の物事にとらわれない。

また同時に今月に入り、「信じる」ことの素晴らしさを新めて感じさせてくれた年ともなりました。この辺のお話はちょっとスピリチュアルな感じにもなってしまうので、またいずれお話していきたいと思います。

さてあなたの「今年の漢字」は何だったでしょうか?

クリスマスまで行くと、あっという間に毎年終わってしまうと思いますので、今のうちに振り返って見るのがいいタイミングなのかもしれませんよ。

安倍総理と原油と大納会も?

そういえば、今の日本の総理大臣は「」倍晋三、さんでしたね。

良い悪いの判断は置いておいても、政治家らしく仕事に取り組んでいる総理大臣だとは思っています。安保関連法案なんて、さしたる国民の論議も無いままいつの間にか法案成立です。

それに最近は原油「」。やっぱり、今年の漢字は「安」でいいのか。

だとすると、残念ながら今年の大納会はやっぱり、株安でしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする