アメリカは”ブラック・フライデー”突入。

本日の日経平均は、下落となりました。
19,883.94円 前日比 -60.47円(-0.30%)

結局、2万円台には届かず。
前日の欧州株上昇の流れを汲んで、19,994.05円と小高く始まった前場も、前場のなかば頃には水面下へ一直線。結局、始値が本日の日経平均高値となりました。

昨日と同様ですが、あと5.95円って…。
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アメリカは感謝祭からの”ブラック・フライデー”

本日の日経平均は売買代金は、1か月ぶりの1兆円割れの薄商いだったそうです。11月26日(木)はアメリカではThanksgiving Day(感謝祭)で祝日だったことも関係ありそうですね。

感謝祭と言えば、七面鳥を食べながら日ごろ感謝していることを話す日です。ちなみに翌日の27日の金曜日はブラックフライデーと言って、アメリカ中のお店で大セールが行われる日なります。

↓日本のトイザらスでも、やってくれていますね。
http://www.toysrus.co.jp/f/CSfBlackfriday.jsp

日本ではまだそれほど馴染みはないですが、日本人にまったく関係ない”ハロウィーン”が広まってきている昨今では、いずれこの現象も日本で見られるのかもしれませんよ。

ちなみに僕はあんまりハロウィンが好きではありません。
「誰の戦略だよ。こんなのも輸入しちゃってー。」

だって、関係ないし。クリスマスはともかく、かぼちゃのお化けなんて小っちゃい頃にはなかったので懐かしくもなんともありません。

けっきょく2万円台の本格的な挑戦は、来週?

それとも、このまままた下へ行ってしまうのでしょうか。

来月の、

12月15~16日に開催されるFOMCでは、いよいよアメリカの”リアゲ”発表が懸念(?)されていますが、来週にも色々なイベントがあります。

まず12月2日にはFRB議長のイエレンさんの講演、3日はECB理事会、4日の米雇用統計などがあり、とくに12月2日のイエレンの発言の中には、16日のFOMCの発表を示唆するものが含まれそうなので、注目が集まりそうです。