かんぽ生命はストップ高!公募組は思わずニンマリな日本郵政祭り

日本郵政上場
本日の日経平均は、大幅な反発相場となりました。
18,926.91円 前日比 +243.67円(+1.30%)

休日中の米国株式の株高の流れをそのまま引き継ぎ、日経平均は一時19,000円台も回復となりました。そしてなにより相場ムードの牽引役となったのは、日本郵政グループの上場だったのではないでしょうか。

今回株式を公開した3社とも売り出し価格を上回る終値となりました。なので結局公募で当たった人や、朝一で購入した人などのホルダーの人は勝利に終わったようです。そしてその中でも、特にかんぽ生命の強さが目立つ形でのひけとなりました。
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本郵政上場祭りの初日は上々

11/4(水)  日本郵政グループ株価

会社名    売り出し価格  初値  終値
日本郵政    1,400円⇒1,631円⇒1,760円
ゆうちょ銀行  1,450円⇒1,680円⇒1,671円
かんぽ生命   2,200円⇒2,929円⇒3,430円(ストップ高)

公募割れの心配はどこ吹く風で、IPOで当たった人は全員勝ち組です。それにしてもかんぽ生命の上げは特出していますね。売り出し価格から比べるとたった1日で株価が1.5倍になってしまいました。

この祭りがどこまで続くか見ものですが、こんな景気のいいニュースが報道で流れると、
「郵便だし、オレも今からでも買っといた方がいいのかも!?」
というイナゴ組が増えて来るかもしれません。なんにせよ公募組のホルダーの人達にとっては今夜は楽しく過ごせそうですね。

ただ後は、“欲張り過ぎてタイミングを逃す” ことにならないようにどこで売るかの判断が難しそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする