クァンタムオブザシーズで中国人が爆買い来日中!

クァンタム・オブ・ザ・シーズphoto by Roderick Eime

本日の日経平均は、3営業日連続での下落となりました。
20,033.52円 前日比 -189.11円(-0.94%)

下落要因は、中国経済の減速懸念が出始めた米国にて原油価格が6年ぶりに安値を更新。それを受けてNYダウが下落したことなどから、日本でも弱気な相場だったようです。

日経平均の後場開始早々、一時プラスに転じた瞬間もありましたが、そこからはまるで滑り台のようにきれいに右肩下がりで落ちていきました。

また本日の中国市場も大きく下落となっています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中国人の爆買いはいつまで?

しかしながら、本日、日テレ系の情報ライブ”ミヤネ屋”を見ていたら、中国人おなじみの爆買いニュースをやっていました。

10階建てマンションかと思うほどの超大型(巨大といったほうがいいかも)豪華客船に揺られて宮城県の日南市に乗り付けています。そして観光のみならず、相変わらずの景気のいい、爆買いをしていたニュースだったのです。

その豪華船の名前が、クァンタムオブザシーズ

”Quantum of the Seas”

全長はなんと348mで、167,800トン。

戦艦大和の全長は263mでしたので、遥かに巨大なのが分かります。

現状では、姉妹船にあたる”アンセムオブザシーズ”
とならんで世界第二位の大きさで、アジアでは最大だそうです。

90mの高さの展望台や、スカイダイビングやゴーカートやサーフィンすらも楽しめる
という驚きの最新施設もあったり、これは一度乗ってみたくなりました。

ちなみに今回の宮崎の日南市への搭乗人数は
なんと4,800人で、港で待機していた大型バスの数は120台以上だそうで、こりゃすごい。

豪遊と言えば先日、南フランスにサウジアラビア国王が1,000人あまりの側近を連れて豪遊バカンスで地元のフランス人に大ひんしゅくを食らっていましたが、こちら日本では大バンザイでウェルカムなようです。

日本政府観光客によれば、今年1月から7月までに日本を訪れた外国人旅行客の数が1,100万人を突破したそうですが、8月以降に中国市場の陰りの影響は出てくるのでしょうか。

このクァンタムオブザシーズは、ロイヤル・カリビアン・インターナショナルというアメリカの船会社によって運営されていますが、きっと中国市場の行方も気になるところでしょう。