高千穂交易からの株主優待

本日はさらに、高千穂交易から株主優待も届いていました。

高千穂交易は、国内における万引き防止装置のパイオニア的な存在で、世界No1の実績を誇るSensormatic社の防犯ゲート(万引き防止システム)を日本国内で浸透させました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2676高千穂交易から株主優待

高千穂交易株主優待おこめギフト券1kg×3枚

写真を取った時には2枚だと思ってましたが、株主優待の案内をよくみると3枚となっています。もう一度封筒を覗いてみると、もう1枚ありました。。。

なので、本当はお米ギフト券3枚です。

なお、『お米券とお米ギフト券の違い』につきましては、過去記事をご参照下さい。
お米券とお米ギフト券は何が違うのか?

高千穂交易の思い出

高千穂交易は、自己資本比率が高く(連結75.0%)財務的に非常に安定感がある会社です。残念ながらここ数年、売り上げの伸びは芳しくなく、ほぼ横ばいの状況なので派手に人気化することはありませんでしたが、最近までの日経平均の上昇の中でジリジリと値を上げてきていました。

実は自分は昔、この業界で働いていたことがあります。(ここの会社ではないですが)この防犯防止システムとは、小売店などの店舗出入り口に置かれた防犯ゲートより特定の周波数の電波を発信し、商品に貼りつけられたタグというものをレジで解除しないと、ゲートで感知しアラームがなる仕組みです。

最近では都市部を中心に、ユニクロなど大手チェーン店の出入り口にも見かけるほど普及している防犯ゲートですが、市場としてはすでに成熟期に入っているのかもしれません。