東京オリンピック関連株③アシックス

今回は東京オリンピック関連株の『7936  アシックス』です。

2020年東京オリンピック開催に向けて、スポーツ関連グッズの消費が見込まれます。
先日開催された東京マラソンを始め、ランニングブームも続いており、スポーツシューズに強いアシックスは、年々売上高も伸びています。

ちなみにスポーツメーカーの世界ナンバー1は、アメリカのナイキです。2014年の売上高は278億ドルで、1ドル100円で換算したとしても、2兆7,800億円という巨大な数字です。2位がドイツのアディダスで1兆9,347億円(2013年)、3位が同じくドイツのプーマで4,483億円(2013年)、日の丸首位のアシックスは4位と続いています。

なお、アシックスの2014年12月期の売上高は、3,540億円ですが、決算期を変更したことにより、今まで決算日が3月期だったアシックス本体と、いくつかの連結子会社については、9か月分での売上計上となっているため、実際の売上高はもう少し増えることになりますね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

目標株価情報/アシックス

発表日 発行元 目標株価
07/11 SMBC日興証券 2,200円⇒2,350円
10/02 CS証券 2,500円⇒2,800円
11/10 野村証券 2,500円⇒3,200円
02/17 GS証券 2,300円⇒2,500円
02/19 みずほ証券 2,950円⇒2,800円
02/23 三菱UFJMS証券 2,800円⇒2,850円

指標情報/アシックス

7936  アシックス(2015年3/4現在)
株価       3,010円
単位株          100株
購入単位     301,000円
PER        27.21倍
PBR        2.84倍
配当利回り      0.78%
自己資本比率     56.5%
株主優待      あり

↓別リンクで開きます
アシックス 2年チャート【ヤフーファイナンス】

(2020年オリンピックが東京に決定したのは、2013年の9月7日)

まだ割安派の意見

・東京五輪に向け、ランニングブームはまだ続く(世界的にもランニングブーム)

・売上げの海外比率は70%。世界第3位のプーマを、すでに射程圏内の勢い

もう割高派の意見

・PER、PBRなどの単純指標でみてもすでに割高

・10年チャートでみれば明らかに高値圏。すでに好材料は織り込み済み。

オリンピック銘柄/アシックスまとめ

アシックスの、2015年の売上目標は、4,230億円だそうです。欧米でのランニングの好調を背景に、強気の計画ですね。売上高も、2,600億円(2013・3月期)⇒3,294億円(2014・3月期)⇒3,540億円(2014・12月期)と猛烈な勢いで伸びており、世界第3位のプーマに迫ってきています。

それに伴って株価も上昇中ですが、さらなる上昇のためには、国内や好調の欧米以外の新興国などでも、どこまで売り上げが伸ばせるかが鍵となりそうです。

さすがに、世界第一位のナイキとの差はまだ歴然ですが、最近は世界的なNYCM(ニューヨークシティマラソン)のスポンサーをしたりと、積極的に世界的なブランディング戦略も行っているようです。

そういった活動も功を奏してか、今、世界のランナーの中でアシックスシューズの支持が増えているというニュースもありました。

日の丸メーカーを応援するなら、アシックスの運動靴を買いましょう。