株の有名人の話(ジェイコム男のその後)

今回は、以前に投稿したジェイコム男こと、B・N・Fさんのお話の続きです。

「ジェイコム男」として名を上げたあとは、ニュースに引っ張りだこになり、ご覧になったことがある人も多いはず。メガネをかけた当時20代の若者が、豪華ではない、至って簡素な部屋で、複数のPCを凝視しながら日々何億と動かす、異様な光景でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「集中力の欠如」を避けるため、朝飯は食べず、カップラーメンのみという極端な生活をしている莫大な資産を保有している若者として、クローズアップされていたのを自分も観たことがありましたが、最近はあまりマスコミにも出てきていません。

その後どうなっているのかと、調べてみたところ、まだ株取引にはかかわっている様子でした。

スポンサーリンク

ジェイコム男さんのその後

2013年の四季報においていくつかの会社の大株主として名前が出ていたことからも、相場からは足を洗っていない様子です。また、2008年には秋葉原にある「チョムチョム秋葉原」を推定90億円で取得。2011年には「AKIBAカルチャーズZONE」ビル1棟を推定170億円で購入。

さらに2013年には、東京、渋谷のセンター街の近くで建設中のビルの建築主にB・N・Fさんの名前があったとの話もあります。

B・N・Fさんは、大学生だった当時、それまでの貯金やアルバイトで稼いだ元手160万円でスタート。資産総額は、2008年で218億円と言われているみたいですから、その後さらに順調に資産を増やしていっているとすると、今いったいいくらになるんでしょうか。
ちなみに投資手法は「スイングトレードでの資産運用が得意だがPERなどの指標は全く見ない」みたいです。

一度、B・N・Fさんが、トレードしているテレビ番組を見たことがありましたが、注文のスピードが尋常じゃなかった。相場を凝視しながら、「いまだ」と思った瞬間に、〇○会社〇○株売り、注文確定~とテンキーを使ってコマンドを打ち込む速度がすごかったんです。

デイトレではなく、スイングトレード中心だそうなので、基本的には日々で売り買いを重ねるスタンスではないのかもしれませんが、それでもなんだか圧倒されたのを覚えています。

ジェイコム男はまだ若い!その後も楽しみです

1978年生まれだそうなので、まだ30代半ばと若い!現状でも、普通の人生では使いきれないぐらいの資産があるはずですが、更に追い求めるのは、単に数字を増やすゲーム感覚なのか、それとももっと大きな志があってのことなのか。

機会があるのであれば、ぜひ聞いてみたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする