株主優待の意味とは(その2)

株主優待制度の意味とは、の続きで、今回は税金のお話を
してみます。
よく優待は非課税(所得税がかからない)と誤解されている人も多いようなのですが、
実際は雑所得として課税対象です。
ただし、給与所得者について、給与・退職以外の所得が20万円以下であった場合は
確定申告をしなくてよいことになっています。
ただ、上記20万円にかかわらず、優待の商品やサービスがいくらの所得と評価計算
することも実質的に難しいことも多いため、実質的にはほとんど非課税(実質上ほったらかし)
になってしまっているようで、これを誤解し、優待は全部非課税=確定申告しなくてよい 
と思ってしまっている人が多いようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする



スポンサーリンク