アルヒが新規上場へ!IPO株価はどうなる?

アルヒ 上場 IPO

11月7日(火)に、アルヒ(7198)の新規上場が承認されています。

アルヒは、フラット35を中心とする住宅ローンの貸付及び回収を行うモーゲージバンク事業を行っている会社です。

上場先は未定ですが、上場日における時価総額が250億円以上となる見込みの場合には東証1部となることから、想定価格から計算した時価総額はこれを大きく上回るため、ほぼ東証1部になることでしょう。これにより、12月14日(木)に上場予定となりました。

関連記事  新規上場!IPO一覧と予想ランク【2017年度

スポンサーリンク

アルヒが上場へ!

アルヒ株式会社

想定価格1,340円から計算したPER(連結)14.98倍PBR(連結)1.95倍、公開時価総額目安は、約483.5億円です。

PER:第3期決算時の当期純利益を基に算定

PBR:第3期決算時の純資産額を基に算定

【業績】

アルヒ IPO業績
連結での業績では、読み取りにくいですが単体は右肩上がりです。

監査法人は「有限責任監査法人トーマツ」

業種は「その他金融業」です。

新規(株式)発行による手取金の使途は、ありません(株式売却のみのため)。

上場日までのスケジュール

銘柄名/証券コード アルヒ/7198
市場 未定
上場日 12/14(木)
仮条件決定日  11/27(月)
BB期間   11/28(火)~12/4(月)
公開価格決定日 12/5(火)
購入申し込み期間(※) 12/7(木)~12/12(火)
払込期日

(※)証券会社によって期日が異なるため、お申込み証券会社でご確認ください。

発行条件など

決算 3月
申込単位 100株
想定価格 1,340円
仮条件 ?円
公開価格 ?円
株価初値 12/14(木)上場予定
公開株式数 19,122,800株

  • 売出(国内):10,824,200株
  • 売出(海外):7,216,100株
  • OA:1,082,500株
上場時発行済株式数 36,080,600株

オーバーアロットメント(OA)と合わせて19,122,800株、国内分11,906,700株での最大当選枚数は119,067枚です。

当選枚数は、かなり多めで当たりやすいIPO銘柄です。想定価格の1,340円で計算した吸収金額は、約159.5億円で「大型規模」の吸収額となります。

申込みができる証券会社

※ブックビルデング申込期間は、2017年11/28(火)~12/4(月)となっています。

ロックアップと株主上位

氏名・名称 所有株式数(株) 所有割合(%) ロックアップ
CJP CSM Holdings, L.P. 30,780,200 81.05 180日
SBIホールディングス(株) 3,621,200 9.54 180日
濱田 宏 1,000,000 2.63 180日
東京海上メザニン1号
投資事業有限責任組合
808,500 2.13 全株売出
細野 恭史 266,000 0.70 180日
五十川 毅 135,000 0.36 180日

■ 上記株主保有分のうち、CJP CSM Holdings,L.P.の保有する17,231,800株、東京海上メザニン1号投資事業有限責任組合808,500株は今回の売出株式となります。

※ロックアップ180日目は、平成30年6月11日(月)

スポンサーリンク

アルヒのIPO株価の初値予想

株価の初値予想としては、初値で1.2倍以上の上昇は期待できそうです。

最大当選枚数は119,067枚、想定価格1,340円で計算した吸収価格が159.5億円、想定時価総額は483.5億円と大型案件です。

【プラス】

  • 単体の業績は右肩上がり(成長性)
  • 既存株主には、概ねロックアップあり(売り圧力が少ない)
  • 住宅ローン業界では有名(人気・話題性)
  • 【外部環境】日経平均株価が最高値更新

【マイナス】

  • 当選枚数は多く、需給はかなり重たい
  • 初値で上昇しにくい東証1部(又は2部)銘柄
  • 公募株ゼロ。既存株主によるイグジット案件
  • 割高というほどでもないが、割安感はない

長期固定金利住宅ローン「フラット35」の中では、業界最低水準の金利設定であるARUHIフラット35。取り扱いシェアは7年連続一位で、長期固定でマイホームを建てる方なら、一度は検討対象に上がっていることでしょう。

アルヒの事業内容の特徴としては、融資事項した住宅ローンの債権を原則として債権譲渡することにより、バランスシートリスクが最小化された『フィー(手数料)ビジネス』となっています。

そのため、顧客の要望に応じた住宅ローン商品の紹介から適切な田民具での借り換えの提案まで、顧客本位のビジネスを徹底することが可能となっています。

需給はかなり重そうなのと、IPOで敬遠されがちな既存株主によるイグジット色の強い案件ですが、業績も伸びている金融テーマということで人気化することもありそうです。そのため、規模の割には初値上昇が期待できるのではないでしょうか。

当選枚数が多い分、通常のIPOより一般にも回ってくる可能性があるため、複数口座からの全力申込が楽しみなIPO案件となりそうです。

【11月IPO】

【12月IPO】

関連記事

2017年度の【新規上場(IPO)企業の一覧】を作成しました! 企業名をリンクすることにより、過去の個別記事へアクセスできるように...

IPOに応募する方法

アルヒ株を保有するためには、IPO(新規公開株式)で狙っていく方法があります。IPOで株式を購入するためには、まず証券会社の口座を持っていないと申し込めません。

今回の主幹事は野村證券なので、当選確率を上げるためにはこちらからの申し込みが必須です。その他にもネットで気軽に申し込みが可能なアルヒIPO幹事では以下のような証券会社があります。

SMBC日興証券

SBI証券と並んで新規公開株式数がダントツなので、IPO投資をするなら口座開設必須の証券会社です。抽選は完全平等抽選で、完全平等抽選の場合は1口座に対して誰もが1チャンスなので「誰でも平等に当選チャンス」があります。

SBI証券

関連記事  SBI証券でIPO投資&株主優待は、利用しないともったいない!