木曽路の株主優待!

木曽路 株主優待
木曽路(8160)は、しゃぶしゃぶをメインとした日本料理と和のおもてなしを提供する「木曽路」をはじめ、焼肉屋「じゃんじゃん亭」や素材にこだわった居酒屋「素材や」等を展開している会社です。

木曽路の株主優待は、全国木曽路グループ店舗で利用可能できる食事券1,600円分以上をもらうことができます。

権利確定月は3月末日・9月末の年2回のため、1年を通じてもらえる食事券は3,200円相当以上をもらえる株主優待となります。

スポンサーリンク

木曽路の株主優待

株主優待の内容:株主優待券

 食事券(600円券・1,000円券)

100株~499株 1,600円相当(年間3,200円相当)
500株~999株 8,000円相当(年間16,000円相当)
1,000株~ 16,000円相当(年間32,000円相当)

  • 優待発送時期:6月下旬・12月上旬頃
  • 有効期限:6月発行→翌年7月31日・12月発行→翌々年1月31日
  • 木曽路グループ店舗でお食事・お土産類・お中元商品・お歳暮商品・おせちに利用可能
  • 店舗の展開地域:関東・中部・関西・九州
決算 3月末日
権利確定日 3月末日・9月末日 年2回
優待獲得最小単位 100株以上
配当利回り(会社予想) 0.66% 2017/09/12現在
1株あたり配当金(※) 18円(中間9円・期末9円) 100株:1,800円
最小購入価格 274,700円 2017/09/12現在

株主優待が利用できる店舗

【国内の木曽路グループ各店舗】

  • 木曽路
  • 素材屋
  • じゃんじゃん亭
  • とりかく
  • 鈴のれん
  • ワイン食堂ウノ
スポンサーリンク

株購入のタイミングと株価の推移

市場・証券コード 東証1部
株価(※) 2,747円(17/09/12現在)
PER(会社予想/単) 60.15倍(同上)
PBR(実績/単) 2.48倍(同上)
自己資本比率の推移(単) 77.3%→76.2%→76.5%/2015~17年3月期
売上の推移(百万円) 43,430→44,161→44,347/同上
経常利益の推移(百万円) 275→497→1,185/同上

↓別リンクで開きます。
(株)木曽路2年チャート【yahooファイナンス】

木曽路の会社概要

(株)木曽路

本社所在地:〒466-8507 名古屋市昭和区白金3-18-13

業種は「小売業」です。

【グループ店舗数:164店舗・2017年4月1日現在】

  • 木曽路:118店舗
  • 素材屋:14店舗
  • じゃんじゃん亭:14店舗
  • とりかく:10店舗
  • 鈴のれん:6店舗
  • ウノ:1店舗
  • ここの:1店舗

優待銘柄のまとめと年間総合利回り

宴会や慶事に法事。

特別にみんな集まるので、今回はいつものファミレスではなくて、いつもよりランクアップしたお店で。

関東や中部、関西地方在住の方なら、こだわりのお店を探すのでない限り、気軽に探せる『木曽路』は検討対象になるのではないでしょうか。

木曽路と言えば、やはりしゃぶしゃぶ

しゃぶしゃぶの最大手企業です。

自己資本比率は70%超えの超好財務企業ですが、株価的にもすでに右肩上がりが続いており、割安感はありません。また、配当と株主優待を合わせた年間総合利回りとしても2%以下とあまりお得感もありません。

近年の売上高についてはほぼ横ばい状態ですが、前期決算(2017年3月期)においては、今までの(最終)赤字から黒字転換となりました。

今後の成長性については、(数値的に)あまり期待できる感じでもないようですが、それでも株価的に上昇中なのは、経営的な安定感に加えて、『木曽路』ファンや中長期保有目的の株主が多く、あまり手放したがらないせいなのかもしれません。

安定企業の株1,000株保有で、年間32,000円分の食事券なら、銀行に預けておくよりもよっぽどいい利息となりますよね。

【年間総合利回り(配当利回り+優待利回り)の計算】

①年間配当金:900円×年2回+株主優待(※)1,600円×2=5,000円

②2017年09/12時点での最小購入単位274,700円

③ ①÷②×100≒1.82% 

※100株株主の場合

関連  株主優待一覧。100株でも優待がもらえる!【飲食店編】

木曽路の株主優待をもらうために

 株主優待検索・30年チャートあり

SBI証券では、【株主優待検索】という優待内容や優待権利月、金額などを簡単に絞り込める機能が利用できるため、自分のお好みの株主優待銘柄を手軽にピックアップして、あれこれと楽しく吟味することができます。

株式売買手数料も安く(さらにNISA口座なら買付・売却ともに0円!)、これから株主優待銘柄を楽しみながらコツコツと増やしていきたい方にはよい証券会社です。またIPO引受幹事数もトップ水準なため、IPO投資のために2016年より私も口座を開設しています。


その他とにかくメリットの多い証券会社なので、株主優待・IPO投資に興味がある方でまだ口座を開設されてない方ならば、早めに申し込まれてはいかがでしょうか。

↓口座開設はこちら
SBI証券

関連 SBI証券でIPO投資&株主優待は、利用しないともったいない!