ウェルビーが上場!株価の行方は…

ウェルビー上場 IPO
9月1(金)に、ウェルビー(6556)の東証マザーズ市場への上場が承認されています。

ウェルビーは、就労移行支援、児童発達支援、放課後等デイサービス等の障害福祉サービス事業を行っている会社です。

これにより10月5日(木)に上場予定です。同日の5日はMS&Consulting(6555)と、大阪油化工業(4124)と3社同時上場となりました。

なお仮条件は、想定価格2,580円に対して2,400円~2,580円。公開価格は2,580円で決定しています。

スポンサーリンク

ウェルビーが上場へ!

ウェルビー株式会社

想定価格2,580円から計算したPER(単独)66.67倍PBR(単独)16.96倍、公開時価総額目安は228.3億円です。

(PER:第6期決算時の当期純利益を基に算定・PBR:第7期第1四半期決算時の純資産額を基に算定)

ウェルビー上場 売上高
ウェルビーIPO 経常利益

業績としては、創業より7年目ながら、売上高・経常利益ともに右肩上がりです。

また、進行期である第7期第1四半期決算数値についても、順調のようです。

監査法人は「東陽監査法人」

業種は「サービス業」です。

新規(株式)発行による手取金の使途は、

「手取概算額585,400千円については、362,320千円を事業所開設資金、89,680千円をシステム投資資金、残額を広告宣伝費に充当予定」となっています。

上場日までのスケジュール

銘柄名/証券コード ウェルビー/6556
市場 東証マザーズ
上場日 10/5(木)
仮条件決定日  9/15(金)
BB期間   9/19(火)~9/25(月)
公開価格決定日 9/26(火)
購入申し込み期間(※) 9/27(水)~10/2(月)
払込期日 10/4(水)

(※)証券会社によって期日が異なるため、お申込み証券会社でご確認ください。

発行条件など

決算 3月
申込単位 100株
想定価格 2,580円
仮条件 2,400円~2,580円
公開価格 2,580円
株価初値10/5(木) 3,305円(128.1%・1.28倍)
公開株式数 2,196,500株
(公募250,000株・売出1,660,000株/OA286,500株)
上場時発行済株式数 8,850,000株

オーバーアロットメント(OA)と合わせて2,196,500株なので、最大当選枚数は21,965枚です。

当選枚数は、やや多めで当たりやすいIPO銘柄です。想定価格の2,580円で計算した吸収金額は、約56.7億円でマザーズ市場の中では「大型規模」となります。

申込みができる証券会社

※ブックビルデング申込期間は、2017年9/19(火)~9/25(月)となっています。

ロックアップと株主上位

氏名・名称 所有株式数(株) 所有割合(%) ロックアップ
大田 誠 6,100,000 65.21 90日又は1.5倍
千賀 貴生 2,000,000 21.38 90日又は1.5倍
浜地 裕樹 400,000 4.28 90日又は1.5倍
伊藤 浩一 400,000 4.28 90日又は1.5倍
中里 英之 (160,000) 1.71 継続所有等の確約
今瀬 正之 (30,000) 0.32 継続所有等の確約
富岡 正 (30,000) 0.32 継続所有等の確約

■ 上記株主保有分のうち、大田誠氏の保有する750,000株・千賀貴生750,000株・浜地裕樹80,000株・伊藤浩一80,000株は、今回の売出株式となります。

※ロックアップ90日目は、平成30年1月2日(火)

スポンサーリンク

ウェルビーのIPO株価の初値予想

初値予想としては、そこそこの上昇は期待できそうです。

最大当選枚数は21,965枚と多めで、想定価格2,580円で計算した吸収価格は56.7億円・想定時価総額は228.3億円でマザーズ市場では大型規模のIPO銘柄です。

既存株主には概ねロックアップがかけられていますが、かなりの重量感があるため、需給的には上昇しにくいIPO銘柄でしょう。

また、想定価格から計算するPER・PBRの指標的にも割高感がある点もマイナスです。

逆にプラスな点としては、創業より7期目にして業績は右肩上がりで成長性を感じさせつつ、足元もしっかりと黒字化していて堅実な点です。

業種的には、障害者のための就労移行支援という分野には将来性を感じさせるものの、特にIPOの人気銘柄となりそうなほどのテーマ力はなさそうです。

また売出株数が公募株数を大幅に上回っている点も、あまり今後の成長性を見込んだIPO銘柄要素を感じさせません。さらに新規上場日となる9/15は、MS&Consulting(6555)、大阪油化工業(4124)とも重なり3社同時上場となるため、資金が分散されてしまうことも予想されます。

良い点もありますが、なにより、需給が重たいのはやはり気になるところです。

チャレンジポイント狙いのSBI証券からの申し込みを除けば、まずは9/15(金)の仮条件の結果待ちの銘柄となりそうです。

【追記】

想定価格2,580円に対しての仮条件は、2,400円~2,580円と下振れでの設定となっています。最近の”地政学的リスク”や、上場日当日は3社が同時上場ということもあり、積極的な申し込みにはなりにくそうです。

【上場日・IPO銘柄名・証券コード/市場】

9月IPO

10月IPO

関連記事  新規上場!IPO一覧と予想ランク【2017年度

IPOに応募する方法

ウェルビー株を保有するためには、IPO(新規公開株式)で狙っていく方法があります。IPOで株式を購入するためには、まず証券会社の口座を持っていないと申し込めません。

今回の主幹事はみずほ証券ですが、以下はウェルビーのIPO幹事の中で、その他にもネットで気軽に申し込みができる証券会社です。IPOで当選を狙うのであれば、複数応募により当選確率を上げていきましょう。

SBI証券

関連記事  SBI証券でIPO投資&株主優待は、利用しないともったいない!

マネックス証券

マネックス証券でのIPOの抽選は全て平等な証券会社です。『本気で当てたい』IPO銘柄の際には、複数の証券会社での申し込みが基本です。こちらも開設しておくとよいでしょう。

岩井コスモ証券「ネット取引」

2015年に創業100周年となった老舗証券です。2016年度の実績は、新規公開株83銘柄中25銘柄と約3割のIPOに食い込んでいます。複数の証券会社で申し込みでIPOの当選確率を上げるにはもってこいの証券会社です。

口座開設、口座維持費用も無料。ここのIPOは公平な完全抽選制です。IPO引き受け数の多さの割には他の大手証券会社と比べ認知度はまだ低いため、意外と穴場かもしれません。