MS&Consulting(MSアンドコンサルティング)が上場へ!IPO初値の行方は?

MS&Consulting上場
8月30(水)に、MS&Consulting(6555)の東証マザーズへの上場が承認されています。

MS&Consultingは、顧客満足度・従業員満足度の向上のためのリサーチ業務及び経営コンサルティングに関する業務を行っている会社です。

これにより10月5日(木)に上場予定で、10月のIPO銘柄としては第一弾です。なお仮条件は、想定価格1,280円に対して1,150円~1,280円での設定。公開価格は1,280円で決定となりました。

スポンサーリンク

MS&Consulting(MSアンドコンサルティング)が上場へ!

株式会社MS&Consulting

想定価格1,280円から計算したPER(連結)17.19倍PBR(連結)2.06倍、公開時価総額目安は58.4億円です。

(PER:第5期決算時の当期純利益を基に算定・PBR:第5期決算時の純資産額を基に算定)

MS&Consulting上場 売上高
MS&ConsultingIPO 利益

業績としては、創業後わずか5年ながら、売上高・税引き前利益ともに堅調です。

ただし、進行期である第6期第1四半期決算数値については、やや鈍化しているようにも見えます。(季節変動は考慮していません。)

監査法人は「太陽有限責任監査法人」

業種は「サービス業」です。

また、新規手取金概算額49,880,000円の使途は、

「自社開発システムの機能拡充に伴う設備投資資金、連結子会社への投融資資金及び借入金の返済資金に充当する予定」となっています。

上場日までのスケジュール

銘柄名/証券コード MS&Consulting/6555
市場 東証マザーズ
上場日 10/5(木)
仮条件決定日  9/19(火)
BB期間   9/20(水)~9/26(火)
公開価格決定日 9/27(水)
購入申し込み期間(※) 9/28(木)~10/3(火)
払込期日 10/4(水)

(※)証券会社によって期日が異なるため、お申込み証券会社でご確認ください。

発行条件など

決算 3月
申込単位 100株
想定価格 1,280円
仮条件 1,150円~1,280円
公開価格 1,280円
株価初値10/5(木) 1,250円(97.66%・公募割れ)
公開株式数 4,350,000株
(公募50,000株・売出3,732,700株/OA567,300株)
上場時発行済株式数 4,560,000株

オーバーアロットメント(OA)と合わせて4,350,000株なので、最大当選枚数は43,500枚です。

当選枚数は、かなり多く当たりやすいIPO銘柄です。想定価格の1,280円で計算した吸収金額は、約55.7億円でマザーズ市場の中では「中型規模」のIPO銘柄となります。

申込みができる証券会社

※ブックビルデング申込期間は、2017年9/20(水)~9/26(火)となっています。

ロックアップと株主上位

氏名・名称 所有株式数(株) 所有割合(%) ロックアップ
TMCAP2011
投資事業有限責任組合
4,300,000 86.88 180日
並木 明憲 151,300 3.06 180日
辻 秀敏 151,300 3.06  180日
渋谷 行秀 151,300 3.06 180日
日野 輝久 141,200 2.85 180日
佐竹 悦幸 (2,000) 0.04
若松 隆 (2,000) 0.04

■ 上記株主保有分のうち、TMCAP2011投資事業有限責任組合の保有する3,732,700株は、今回の売出株式となります。

※ロックアップ180日目は、平成30年4月2日(月)

スポンサーリンク

MS&ConsultingのIPO株価の初値予想

初値予想としては、あまり大きな上昇は期待できなさそうです。

最大当選枚数は43,500枚とかなり多く、想定価格1,280円で計算した吸収価格は55.7億円・想定時価総額は58.37億円というマザーズ市場では中~大規模のIPO銘柄です。

上位既存株主には、おおむね180日のロックアップがかけられていますが、需給的にはかなり重たそうです。

また、公募株数に比べて売出株数がほとんどとなっており、VCによるイグジット案件の性格が色濃く出ている点などは、やはりあまり好かれないのではないでしょうか。

逆にプラスな面としては、業績的に伸びていること。

また、社名になっている「MS」が表すMystery Shopping Reserch(覆面調査)の分野において、国内では草分け的な存在としてすでに一定の地位を獲得している点などです。

業種的には、IPOが初値より人気化しそうなITクラウド系やAI関連等ではなく、今後の将来性・成長余地などの見解については、評価の分かれるところになりそうです。

チャレンジポイント狙いのSBI証券からの申し込み以外では、まずは仮条件の結果を待ちたいと思います。

【追記】

仮条件は、想定価格1,280円に対して、1,150円~1,280円と弱気な設定となっています。

【上場日・IPO銘柄名・証券コード/市場】

9月IPO

10月IPO

  • 10/5(木)MS&Consulting(6555/東証M)

関連記事 

2017年度の【新規上場(IPO)企業の一覧】を作成しました! 企業名をリンクすることにより、過去の個別記事へアクセスできるように...

IPOに応募する方法

MS&Consulting株を保有するためには、IPO(新規公開株式)で狙っていく方法があります。IPOで株式を購入するためには、まず証券会社の口座を持っていないと申し込めません。

今回の主幹事はSMBC日興證券ですが、MS&ConsultingのIPO幹事の中で、その他にもネットで気軽に申し込みができる証券会社があります。IPOで当選を狙うのであれば、複数応募により当選確率を上げていきましょう。

SMBC日興証券

SBI証券と並んで新規公開株式数がダントツなので、IPO投資をするなら口座開設必須の証券会社です。抽選は完全平等抽選で、完全平等抽選の場合は1口座に対して誰もが1チャンスなので「誰でも平等に当選チャンス」があります。

SBI証券

SBI証券にもう口座をお持ちでしょうか? いつもは楽天証券&マネックス証券を利用していた私も、昨年にSBI証券の口座を開設...

マネックス証券

マネックス証券でのIPOの抽選は全て平等な証券会社です。『本気で当てたい』IPO銘柄の際には、複数の証券会社での申し込みが基本です。こちらも開設しておくとよいでしょう。