優待・配当株をひたすら増やしてみると

株には夢がある!と個別銘柄にあれこれいいながら、だんだん株以外のことについても語っています。

*

酉年も”騒ぐ”年?2017年の相場予想

   

酉年 株価相場
本日の日経平均株価は、6営業日続伸となりました。
19,250.52円 前日比 +95.49円(+0.50%)

場中のドル円為替は115円台での円安傾向。

さすがに前場は、前日の円安傾向とこれまでの上昇相場による「一旦利益確定」と思われる売りが強かったものの、その後の株価はじりじりと上げ続ける展開に。日経平均株価はさらに年初来高値を更新となりました。いやぁ強いですね。

スポンサーリンク

2017年(酉年)の相場は、”騒ぐ”年?

さて、2017年国内の株式相場もいよいよ終盤となってきました。

個人的に”アラフォー”と呼ばれる年齢に達してからは、1年が「あっ」と言う間に過ぎ去っており、10代の頃の5倍速。20代の頃と比べても3倍速の実感です。

 

今年の株式相場は、申年(さるどし)の相場であったわけですが、6月24日に日経平均株価としては最安値になる14,964.01円まで落ちた後、米大統領選挙でトランプ大統領が選ばれてからは一様に強い相場で株価を押し上げています。

関連 2016年大納会までのカウントダウン!
相場の格言では、

「未(ひつじ)辛抱、申酉(さるとり)騒ぐ」

と言われています。

つまり、来年の2017年は今年同様に”騒ぐ年”ということになります。

 

それでは、今までの酉年の株式相場の行方を見て来ましょう。

【申年の日経平均株価の推移】

  • 2005年 11,458.27円→16,111.43円(↑)
  • 1993年 16,980.23円→16,216.82円(↑)
  • 1981年   7,150.95円→  7,681.84円(↑)
  • 1969年   1,733.64円→  2,358.96円(↑)
  • 1957年        549.45円→     474.55円(↓)

※大発会始値→大納会終値

興味深いことに、1957年を除いた酉年の株式相場では上昇相場が続いていることになりますね。

 

何をもって”騒ぐ”のかという定義がないし、所詮は、相場のアノマリー・ジンクス程度に過ぎませんが、息抜きとしてたまにはこのような視点から見てみるのも、面白いかもしれません。

 - 今日の話題 , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

7月初夏が始まるイメージ
配当・優待もひと段落の7月が始まりました!NISAは200万上限に?

さぁ、7月となりました! 夏も本番になってきますね。 3月決算の配当、優待も一段 …

売買単位100株に移行
株式の売買単位(単元株)がすべて【100株】に統一されます!今後、何がどう変わっていくの?

株式の売買がすべて100株単位に!? いよいよ東京証券取引所など全国の証券取引所 …

マイナス金利祭り
マイナス金利で祭り(バブル)を起こせ!【日銀の最終兵器】

本日の日経平均は、4営業ぶりの急反発となりました。 16,022.58円 前日比 …

洞爺湖サミット前後の株価
洞爺湖サミット前後の日経平均株価と伊勢志摩サミットを比べてみると

本日の日経平均株価は、3営業日ぶりの反発となりました。 16,757.35円 前 …

円が流出!
-やっと原油価格は上昇へ-「そしてまた騙されるお人よしな日本人?」

本日の日経平均は大幅に反発しました。 16,196.80円 前日比 +360.4 …

株価激しい値動き
マザーズ市場が激しい株価の値動き。

本日の日経平均株価は、続伸となりました。 16,652.80円 前日比 +186 …

節分天井恵方巻き株式
早くも節分天井!?恵方巻きの正体と株式投資の関係

本日、節分の日の日経平均は大幅に続落となりました。 17,191.25 前日比  …

リーマンショックと株価
リーマンショックの影響と日経平均株価の推移を【2016年暴落相場】と比べてみると

本日の日経平均は、大幅な反落となりました。 16,416.19円 前日比 -63 …

舛添劇場台炎上
舛添劇場は大炎上!やれるものなら観てみたい「逆風から信頼を回復できる人」

本日の日経平均株価は、反落となりました。 16,412.21円 前日比 -234 …

ユーロとベイルイン画像
いま、EUで話題の「ベイルイン」が恐い!

本日の日経平均株価は、4営業日ぶりの反発でした。 16,664.82円 前日比  …