優待・配当株をひたすら増やしてみると

株には夢がある!と個別銘柄にあれこれいいながら、だんだん株以外のことについても語っています。

*

JR九州がついに上場!株価はどうなる?

      2016/12/08

JR九州 上場IPO画像
かねてからIPOの噂があったJR九州が、2016年6月30日に東証に株式上場の本申請をしたことが明らかになりました。

上場予定日は、東証10月25日(火)、福証10月26日(水)の2か所への上場となります。

これにより現在の100%株主である独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(略称:鉄道・運輸機構)が、「JR九州の完全民営化」の名のもとに、保有するJR九州株を売り出すことになりました。

スポンサーリンク

JR九州株は「鉄道・運輸機構」から売り出される

現在のところJR九州株を100%保有している鉄道建設・運輸施設整備支援機構とは、国土交通省所管の独立行政法人です。

JR九州の現在の発行済株式数は32万株となっていますが、これらはすべて実質的には政府が保有していると言えます。(その後、1:500の株式分割により1億6000万株になりました。)

また報じられているところによると時価総額は5000億円規模となる見通しだそうです。(その後、想定価格が2,450円と予想よりも低く設定され、3900億円程度となりました。)これは時価総額約6000億円弱と言われている7月15日上場のLINEとならんでの大型IPOになります。

 

その事業内容が”鉄道“という公共性があるので知名度と安心感が高いだろうことから、LINEよりもさらに老若男女にも、

「株、買っちゃおうかな?」と思わせる力がありそうです。

さらに今年の4月には、”熊本地震“が発生して熊本や大分地方を中心に多くの被害が出ました。JR九州株を保有することは、熊本県はもとより九州地方を応援する意味にもなるので、九州に限定されずに全国的にも話題を集めることにつながりそうです。

2016年の昨年の秋は、2015年11月4日に上場した日本郵政グループの話題で盛り上がりましたが、今年の秋はJR九州が大注目IPOとして話題となりそうですね。

 

つばめ新幹線・ななつ星in九州のJR北九州がついに上場!

安定・安心のJR株。

すでに上場しているJR東日本、JR西日本、JR東海には株主優待として、100株以上の株主に「株主優待割引券」があります。なのでまだ発表されてはいませんが、当然JR九州にも株主優待が期待されますよね。

いままで「株は怖い。」という方でも、「JRなら安心そう」で、証券会社などの勧めによりこれを機会に保有してみようかと考える方も出てきそうです。

  • 九州旅客鉄道株式会社
  • 市場:東証1部・福岡
  • 証券番号:9142
  • 上場日:東証2016年10月25日(火)/福岡10月26日(水)
  • 主幹事証券(国内):
    ・野村証券
    ・三菱UFJモルガンスタンレー証券
    ・JPモルガン証券
    SMBC日興証券
  • 共同主幹事引受会社兼ジョイントブックランナー(海外)
    ・J.P.Morgan Securities plc
    ・Morgan Stanley & Co. International plc
    ・Nomura International plc
    ・Goldman Sachs International
  • 幹事証券:
    ・大和証券
    ・みずほ証券
    ・岡三証券
    ・東海東京証券
    ・いちよし証券
    SBI証券・SMBCフレンド証券
    岩井コスモ証券・エース証券
    東洋証券マネックス証券
    ・丸三証券
    ・藍澤証券
    ・水戸証券
    ・エイチ・エス証券
    ・極東証券
    ・髙木証券
    ・立花証券
    ・ちばぎん証券
    ・内藤証券
    ・日本アジア証券
    ・松井証券
    むさし証券
    ・あかつき証券
    ・西日本シティTT証券
    ・日の出証券
    ・ふくおか証券
    ・丸八証券
    ・光世証券
    ・リテラ・クレア証券
    ・ゴールドマン・サックス証券
    ・UBS証券
    ・クレディ・スイス証券
    ・シティグループ証券
    ・バークレイズ証券
    ・マッコーリー証券
    ・メリルリンチ証券
    安藤証券
    ・今村証券
    ・ウツミ屋証券
    ・(ひろぎんウツミ屋証券)
    ・岡三にいがた証券
    ・岡地証券
    ・木村証券
    ・共和証券
    ・上光証券
    ・第四証券
    ・長野證券
    ・中原証券
    ・西村証券
    ・日産証券
    ・ニュース証券
    ・八十二証券
    ・ばんせい証券
    ・フィリップ証券
    ・三木証券
    ・三田証券
    ・山和証券
    ・豊証券
    ・リーディング証券
  • 仮条件決定日:10月6日(木)   2,400円~2,600円
  • ブックビルディング期間:10月7日(金)~10月14日(金)
  • 公募価格決定:10月17日(月)
  • 公募価格:2,600円
  • 購入申込期間:10月18日(火)~10月21日(金)
  • 申込単位:100株
  • 想定価格:2450円
  • 公募株式数:160,000,000株(国内売出:1億2千万株・海外売出:4千万株)

9月頃からじりじりと話題に上ってくるのではないでしょうか。

【追記】
JR九州 上場とななつ星in九州
9月15日(木)に上場を承認され、10月25日(火)を上場日(福岡証券取引所へは10月26日(水))の予定です。

また最近のJR九州の話題としては、超豪華寝台列車・クルーズトレインの「ななつ星 in九州」が大人気です。3泊4日コース・1室2人利用の料金は53万円から。最高級のクラスになると、なんと85万円もしますが、2017年3月出発分より95万円に値上げをすることを発表しました。

(1泊2日コース・2名1室利用では、現状では25万円から。)

「誰も見たことのない夢の列車」

2016年10~2017年2月出発分についても倍率はなんと、24倍となっています。TVで何度も放送されているので、見たことある方も多いと思いますが、最高級の食事と”大人時間”を満喫できる、クルーズトレインとやらに、一度は乗ってみたいものですね。

スポンサーリンク

JR関連の公募株価と初値・その後の株価の推移

他のJRの上場と比べてみると、今回は4番目の上場になります。

名称 上場日 公募価格/初値/7月1日株価(株式分割前に換算) 発行済株式数 公開時売却株数

  • JR東日本 1993年10/26(火) 38万円/60万円/9,450円(94.5万円)  400万株(当時) 150万株
  • JR西日本 1996年10/08(火)   35.7万円/36万円/6,396円(63.96万円) 200万株(当時) 136.6万株
  • JR東海  1997年10/08(水) 38万円/38.5万円/18,080円(180.08万円) 224万株(当時) 135.4万株
  • JR九州  2016年10/25(火)   ?    ?  ?   32万株→1億6000万株     
  • JR北海道 未定
  • JR四国  未定
  • JR貨物  未定

どうやらJRは「10月に上場するのが好き」なようですね。
ちなみに私の上場日予想は、10月12日(水)です。

はじめは10月8日ではないかと考えましたが、8日は土曜日で相場はお休み。そして休み明けとなる月曜日の10日も体育の日でまたも休みでした。3連休明けとなる10月11日(火)は相場の”様子見”のために、1日開けるのではないかと思い、結果、12日ではないかと勝手に予想してみました。

(予想が当たっても外れても、もちろん株価形成には関係なさそうです。)

【追記】

上場日は東証が10月25日(火)、福証が10月26日(水)でした。残念!

また株価は数年規模では上下はあるものの、現在と比べると初値から買ってもJR東日本は2.48倍になっているのもわかりますね。JR西日本は1.79倍。リニアモーターカーの走るJR東海に至っては、なんと4.73倍にもなっています!

銀行や国債などのチマチマした利息を求めて10年定期預金に入れるぐらいなら、公募または初値近辺でJR九州を買ってしばらく忘れてしまうぐらいの方が、結果としていいリターンが期待できるのかもしれません。

 

今回はJR九州が上場予定ですが、まだJR北海道(18万株)とJR四国(7万株)、JR貨物鉄道(38万株)なども未上場で残っています。かつての旧国鉄時代からJRとしての民営化のなかで、JR北海道・四国・九州の3社は合わせてJR三島会社と呼ばれていました。

これにはすでに上場した優良JR組と比べて、慢性的に赤字で経営が安定していないという皮肉が込められています。

※()内は発行済株式数

今回は、この三島会社の中からの初めての上場となるので、今後の他の未上場JRにも期待が持てそうですが、これにはどうやら「経営安定基金」という裏技があるようです。

(この辺のあたりについては、また時間のある時に考えてみたいとおもいます。)

JR九州の予想PER・PBR

まず、JR九州の平成29年3月期連結決算予想によると、1株当たり当期純利益は238円75銭とされています。

なので、仮に9月15日に発表された時価総額3900億円、想定価格2,450円が公募価格で、この金額で購入できた場合のPER(株価収益率)は、2,450円÷238.75円≒10.261となり、約10.3倍です。

またその際のPBR(株価純資産倍率)は、平成28年3月期の連結純資産額3,057億4千5百万円を用いると、3,900億円÷3,057.45億円(実績純資産)≒1.2755となり、約1.25倍となります。

 

JR九州の株主優待・配当金はあるのか?

9月15日(木)付で株主優待制度についてリリースされていました。

2.株主優待制度の内容(詳細は別紙)

毎年3月31日の最終の株主名簿に記載又は記録された1単元(100株)以上所有の株主の皆さまに対して、鉄道株主優待券及びJR九州グループ株主優待券を発行いたします。有効期間は毎年6月1日から翌年5月31日までの1年間とします。

【JR九州 株主優待制度の導入に関するお知らせ】

※下線部は当サイトで記述

3月末の株主に対して、年に1回、2種類の優待内容となっていますね。

1) 鉄道株主優待券

100株~1,000株未満100株ごとに1枚
1,000株~10,000株未満10枚+1,000株超過分200株ごとに1枚
10,000株~20,000株未満55枚+10,000株超過分300株ごとに1枚
20,000株~100枚

 

鉄道株主優待券1枚につき、1名分の運賃および料金が5割引になります。(2枚以上の同時使用や、他の割引券との重複使用はできません。)

割引対象は、JR九州営業路線内での運賃【片道乗車券】と料金【特急券・グリーン車(個室を除く)・指定席券】。

なお、片道行程の範囲であるならば、1枚で複数列車の料金割引が可能となっています。

 

20,000株~の欄があるのがすごいですね。公募価格が仮に想定価格の2,450円だったとしても、購入には4,900万円が必要です。法人単位、または大口投資家の購入を想定しているのでしょう。

 

2) JR九州グループ株主優待券

100株~一律5枚を発行

 

株主1枚につき、対象施設等で以下のようなメリットを受けることができます。

【株主優待(割引)が使える施設等】

  • 高速船ビートル…福岡←→釜山往復が10,000円に
  • うちのたまごEGG&SWEETS…お会計100円引き
  • 八百屋の九ちゃん…お会計100円引き
  • ステーションホテル小倉…宿泊基本料金5割引
  • ホテルオークラJRハウステンボス…宿泊基本料金5割引
  • JR九州ホテル…宿泊基本料金3割引(休前日は2割)
  • 豊後・大山ひびきの里…宿泊基本料金3割引(休日は2割引)

九州を鉄道で旅することをこよなく愛する方なら保有したい銘柄になりそうです。

 

JR九州の配当金は年2回

また、当金については、

第28期(平成27年3月期)と第29期(平成28期3月期)は、配当金はありませんでした。

しかしながら、9月15日(木)付で

今後の株主に対する利益配分の具体的増加策
当社は、株式上場後は、中間配当及び期末配当にて年2回に分けて剰余金の配当を行う方針ですが、平成29 年3月期の剰余金の配当については、期末配当のみ行うこととし、中間配当は、平成30 年3月期の剰余金の配当より行う予定です。

平成28 年3月期は、無配といたしましたが、株式上場後については、内部留保の充実に留意しつつ、着実な株主還元を実現するため、平成31 年3月期までの間は連結配当性向30%程度を目安に、安定的な1株当たり配当を目指してまいります。

各事業年度の配当額については、今後の業績動向等を見極めながら総合的に判断し、決定してまいります。平成29 年3月期の期末配当については、株式上場から当該期末配当の基準日までの期間がが6ヶ月未満であることを考慮し、連結配当性向15%程度を目安として期末配当金額を決定する方針です。

【JR九州 株式売出しに関する取締役会決議のお知らせ】

※下線部は当サイトで記述

9月末・3月月末の株主に対して配当を行う予定ですが、上場前にあたる平成28年9月末時点での株主に対しては配当は支払わない予定とあります。

継続的な連結配当性向は、30%を予定しているみたいですが、平成29年3月末の株主に対しては15%になるようですね。1株あたり配当金額は37円50銭です。100株の保有で3,750円の配当金額になります。

なので、仮に想定価格での平成28年度3月期での配当利回りは、3,750円/2450円×100株≒1.53なので、約1.53%ということになります。

スポンサーリンク

JR九州上場のまとめ

また現在の発行済株式でそのまま上場した場合、最近のIPO基準では売買単位100株単位でなければいけないため、最小購入単価がかなり高額になってしまいます。

なので、事前に株式分割を行うことが予想されます。

関連   株式の売買単位(単元株)がすべて【100株】に統一されます!今後、何がどう変わっていくの?

仮に1:100の株式分割を行ったとすると発行済株式は32万株⇒3200万株となります。その場合、現在報じられている予想時価総額の5000億円から逆算してみると、1株当たり株価は15,625円となりますね。

すると最小購入単位となる100株では、1,562,500円。

うーん、100万円超えだとちょっとIPO投資としての敷居は高そうですね。

 

ということは、1:1000の株式分割でしょうか?それなら1株あたり株価は約1,562円。100株でも156,250円となり、なんだか買いやすそうな値段となります。

いや、先に上場している3社のIPO時には30万円台の最小購入単位だったことを考えると、1:500の株式分割にすれば、1株あたり株価は3,125円になって、100株では312,500円。

 

こっちの方が購入しやすいし、株価も他の3社を追って上がっていきやすい?
まだ株式上場の本申請のニュースの段階ですが、先走ってあれこれ考えてみました。

【追記】

その後、1:500の株式分割が行われ、想定価格が2450円となりました。仮に公募価格がこの価格で決定したとすると、購入最小単位は245,000円。”JR”という公共性のある銘柄なので、普段は株式投資を行わない方へも興味のすそ野は広がりそうです。

さらに10/6に仮条件が決定。株式売り出し価格は1株あたり2400円~2600円となりました。最終的な売り出し価格は10月17日(月)に決定予定で、おそらく上限の2600円がになるものとみられ、現在のところ大手の初値予想は、27003000円となっています。

まぁ、これは今年最後のお祭り銘柄になりそうだし、とりあえずIPOに応募してみる人は多いことでしょう。公募割れのような事態があったとしても、中長期保有に切り替えやすい銘柄です。

 

なお、10月8日未明に阿蘇山の中岳第一火口で36年ぶりとなる噴火が発生しました。現在のところ豊肥本線にてイブ区間の運転見合わせ、一部運休が発生している程度で大きな被害は確認されていませんが、ここまま大きな事態にはならずに収束することを願うばかりです。

【10/17追記】

公募価格は2,600円に決定しました。
関連  ZMPがついに上場へ!株価はどうなる?

 

JR九州のIPOに応募する方法

JR九州株を保有するためには、IPO(新規公開株式)で狙っていく方法があります。IPOで株式を購入するためには、まず証券会社の口座を持っていないと申し込めません。

既に口座をお持ちであれば、主幹事証券会社の野村証券や三菱UFJモルガンスタンレー証券などでIPOのブックビルディングに申し込み、うまく当選すれば購入することができます。

 

JR九州は2016年度では7月に上場したLINE(3938)に次ぐ2番目の大型上場案件となる予定です。そのぶん当選確率も高くなりますが、確実にIPOでJR九州株を当てたい場合にはネット証券など複数の口座で応募するとさらに高くなります。

ちなみにLINEは初値より、公募価格を大きく上回る結果となりました。公募価格が100株単位で33万円。初値で売却していれば49万円との差額は16万円でした。

【LINEの株価の推移】

  • 公募価格:3,300円
  • 初値(7/15):4,900円
  • 年初来高値(7/15):5,000円

以下は、JR九州株の幹事の中で気軽に申し込めるネット証券です。

SBI証券

IPOに力を入れており、2015年のIPO取り扱い銘柄数NO.1のネット証券です。これからネット証券でIPOにチャレンジするならここはマストで、欠かせません。

口座開設は無料、口座維持費用もかかりません。新規口座開設時にはキャンペーンが多いメリットのみならず、IPOについては外れても「IPOチャレンジポイント」というのが付与されます。

このポイントは貯めて次回以降のIPOに使うと、当選確率が上がるため、申込続けてポイントを貯めれば、理論上いずれかは必ず当選することになります。

【急いで口座開設をしたい方】
※IPO申し込み口座をまだ開いていない方でも、SBI証券なら本人確認書類「WEBアップロード」を選択すれば、最短で翌営業日からの取引が可能となっています。

マネックス証券

個人的にミニ株投資でよく利用している証券会社です。IPOの抽選はすべて平等で、取り扱い銘柄も豊富です。IPOを本気で当てに行くためには、複数の証券会社での申し込みが基本となるため、こちらも開設しておくとよいでしょう。

 

証券

岡三オンライン証券

岡三証券のネットに特化したグループ会社です。今回のJR九州のIPO幹事は岡三証券の方ですが、グループ会社としての取り扱いが期待されます。

口座開設・口座維持手数料はもちろん無料。それにここの特徴は、IPO抽選申込みに前金が必要ありません。なのでとりあえず口座を開いて、応募したIPOには当選してから(購入するかどうか)考えればいいので、当選確率を上げたい人は一度開設しておくとよいでしょう。

大手ネット証券会社と比べて認知度はまだ低いため、意外と穴場かもしれません。
※楽天証券は幹事に入っておりません。

 - IPO , , , , , , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

コメダ珈琲 上場と株価
コメダ珈琲がついに上場!株価はどうなる?

本日の日経平均株価は、反発となりました。 16,642.23円 前日比 +79. …

ストライプインターナショナル IPOと上場
ストライプインターナショナル上場はいつ!?株価はどうなる?

2015年頃より上場の計画がありながら、なかなか「上場」が発表されない会社があり …

イノベーション 上場
イノベーションが上場!株価の行方は?

11月18日(金)、イノベーション(3970)が東証マザーズへの新規上場を承認さ …

宇奈とと上場IPO
「宇奈とと」のG-FACTORYがついに上場!株価はどうなる?

9月に入り、急に夕暮れになるのが早く感じられるようになってきました。 日本列島で …

washハウスIPO上場
WASHハウスが上場!IPO株価はどうなる?

10月18日(火)、コインランドリー「WASHハウス」のFCチェーン本部であるW …

フォーライフ 上場
フォーライフが上場!IPO株価と初値予想は…

11月17日(木)、フォーライフ(3477)の東証マザーズへの新規上場が承認され …

キャリアインデックス 上場
キャリアインデックスが上場!株価はどうなる?

11月9日(水)にキャリアインデックス(6538)が東証マザーズへの上場が承認さ …

LINE上場株価の行方
LINEがついに上場!株価はどうなる?

埼玉県では急に暑い日々が始まりました。 ついに6月の大型IPO銘柄、コメダホール …

森トラスト・ホテルリート投資法人が上場へ!IPO株価の初値は…

1月4日(水)に、森トラスト・ホテルリート投資法人(3478)の東証REITへの …

リネットジャパングループ IPO上場
リネットジャパングループが上場!IPO株価の初値予想は…

11月16日(水)、リネットジャパングループ(3556)の東証マザーズへの新規上 …