優待・配当株をひたすら増やしてみると

株には夢がある!とIPOや株主優待、たまに仮想通貨などマネーに関わること中心に語っています。

*

【U-NEXT】はどうなの?メリット・デメリットまとめ

      2017/03/08

unext

「動画配信サービスって、どうなの?」

「普通にレンタルで借りれば、いいんじゃないの?」

私もそう思っていました。

 

最近では自分が株主でもあるゲオが、2016年2月より「ゲオチャンネル」という動画配信サービスをスタートさせています。

「もしかして、時代のトレンドは動画配信?」

自分の場合は近くにゲオの店舗があり、株主優待も使えます。株主特権で新作2泊3日で200円もかからないでレンタルできるため、現状で何の不満もありません。

 

でも、時代のトレンドなら、一度は試してみようとしたのが今回の記事です。

今回はそんな動画配信サービスの中で、コンテンツ量が豊富だと有名な、U-NEXTの無料トライアルで検証してみることにしました。

U-NEXTと言えば、有線放送で有名なUSENが2010年10月に独立し、エンターテイメントのオンデマンドサービスを提供している会社です。

他社の動画配信サービス同様に、31日間の無料トライアルなので、気に入らなければ退会すればお金は1円もかからないとのことで、これを利用してメリット・デメリットを検証してみることにしました。

これから動画配信サービスへの入会を検討していた方は、多少なりとも参考になれば幸いです。

U-NEXT無料トライアルの特典

U-NEXTサービスは、月額1,990円(税抜)。

U-NEXTの無料トライアルの特典としては、

  • 全ジャンルの見放題作品、読み放題作品が31日間無料
  • 新作など600円分無料のU-NEXTポイントプレゼント

まぁ、他の動画配信サービスとそんなに変わりはありませんね。

U-NEXTには「見放題」の映画もたくさんありますが、最新映画や一部の人気作品などはポイント課金制となっています。

なので、残念ながら「あ、この映画もう観れるんだ!」みたいなのはほとんど有料。

それでも600ポイントが自動的にもらえて、その範囲内であれば追加費用なしでみることが可能です。無料トライアルでも、600ポイントがもらますので。

最新映画でも、1作品は実質無料で観ることができますね。

 

有料会員登録後の2か月目からは、毎月1,000ポイントとなるため、2作品程度は見れそうです。

 

※上記特典は、この記事を書いている時点での特典です。トライアル申し込み時にはサービス提供元のサイトにて、今一度ご確認下さい。

U-NEXT無料で31日間トライアルをする手順

無料トライアルへの登録は、3分ぐらいなのでとても簡単でした。
会員登録

入力に求められる情報は、氏名・生年月日・性別・メールアドレス・パスワード・電話番号

クレジットカード番号・クレジットカード有効期限・セキュリティコードです。

 

お金がかからない無料トライアルですが、最初にクレジットカード番号を求められるので、虚偽の氏名やダミーメアドなどからの不正な申込みはできなくなっています。

無料トライアルではありますが、このクレジットカード入力は、唯一の心理的な壁かもしれませんね。

入力はすぐ済むので別に面倒くさくはなかったけれど、初めから『解約を100%前提に』無料トライアルだけをやってみようと思う方には、少々いらぬ心配もありそうです。

 

U-NEXTのコンテンツは充実

雑誌
映像は10万本以上と他の動画配信サービスと比べてコンテンツ量は多めになっているようです。また映像以外にに20万本以上のコミック・書籍や70冊以上の雑誌などがあります。

最近のTVコンテンツもいっぱいあって、『東京タラれば娘』『就活家族~きっと、うまくいく~』『カルテット』『スーパーサラリーマン佐江内』『下剋上受験』『A LIFE~愛しき人~』から、なんと『おんな城主 直虎』まであります。

東京タラレバ娘

おんな城主 直虎

↓なんとあの真田丸も観られる!
U-NEXT

この網羅性は凄い。有料ではありますが、TV録画も忘れて『どうしてもあれが観たかった!』という時にはU-NEXTの効力を発揮します。

※上記コンテンツは2017年3月8日時点での内容です。配信が終了となっている場合もありますがの、加入時にはご確認ください。

 

ちなみにコンテンツは、主に「見放題」作品と「ポイント」作品に分かれています。新作はレンタル解禁より早くリリースがあったりもするので、

「おお、いいじゃん!」

と思いましたが、

ほとんどポイント消化=有料です。

「まぁ、そりゃそうか…」

 

これだと、毎月1,000ポイントの範囲内で観れば追加料金は発生しないけれど、新作ばかりを見まくっていると、追加ポイントの購入となり、結構な金額になってしまいます。

雑誌読み放題だけなら『dマガジン』の方をおすすめ

コミックや書籍は正直なところ、ポイント課金のものが多い感じです。でも、雑誌は「読み放題」のものが豊富にありました。

ファッション雑誌などの女性誌から男性誌、日経ビジネスアソシエや東洋経済までそろっていますね。これだと、月に雑誌を3~4冊読むような人であれば、これだけでも元が取れるかもしれません。

まぁ、コンビニで立ち読みした方が安いですが。あ、ちなみに雑誌関係だけなら、圧倒的に『dマガジン』がおすすめですよ。170誌以上の多彩なジャンルの雑誌がなんと月額432円(税込)で読み放題です。

TVでタレントの渡辺直美がCMをやっている、アレですね。アレ。

1アカウントでPC・タブレット・スマホからも、何冊でも読み放題。画面の小さいスマホからだと多少読みずらいですが、タブレットある方ならこれから雑誌を買うのがバカバカしくなるほどの破壊力です。

私の場合は毎月、

週刊文春、週刊新潮、週刊ダイヤモンド、日経マネー、週刊エコノミスト、週刊ダイヤモンド、週刊東洋経済、PRESIDENT、ダイヤモンド・ザイやその他、たまみ週刊朝日や週刊ポストなどの雑多な芸能誌などを読みまくっています。

また、奥さんもよく「タブレット貸して~」

と女性誌を読みまくっているので、普通に買ったら毎月数万円分を利用していることでしょう。毎月、たった432円ですよ!まったく、このサービスの意味が分かりません。

なんで、こんなに安いんでしょう?

こんなのがもっと流行ったら、紙媒体書店なんかもっと潰れていくだろうなぁ。

 

…話がそれて、dマガジンの宣伝のようになってしまいました。

映画&最新TVドラマ&雑誌読み放題なら、『U-NEXT』が選択肢に

さらに、最新映画や最新TVドラマ&コミック(漫画)も毎月観たい!と考える方なら、『U-NEXT』が選択肢となってきます。(dマガジンには『コミック』はありません。)

手元にあれば読むけど、あえて買ったり借りるほどではない雑誌や映画

みたいなものは、「見放題」です。

いくら観ても無料。

有料コンテンツ向けに付与されるポイントはまだ全然使う必要がありません。それでも残ったポイントは、新しいコミックなど読んでみるのもいいかもしれませんね。

【多少古い映画を中心に観るなら、圧倒的にアマゾンプライム】

あ、また余談ですが、最新の映画や最新TVドラマではなく、懐かしの映画やB級あるいはかつてのA級映画だけを観たい方ならば、圧倒的に、アマゾンプライムですね。

ほとんどの人は、『これで年間3,900円でいいの?』と驚かれるような膨大なコンテンツがあります。また、意外にも2~3年前にリリースされたような新しめの有名映画も意外と観れちゃいます。

最近はTVCMでもやっていますが、プライム独自コンテンツというのも面白く、年間たった3,900円(税込)でアマゾンを利用した買い物時でのプライム会員配送料無料サービスもあるわけだし、毎月アマゾンで買い物をする人なら、入っていないとほぼ損なサービスなことでしょう。

こちらもU-NEXTと同様に、PC、スマホ、タブレットからも、すべて1アカウントの取得で観ることができます。

 

また、プライムコンテンツを、TVを使った大映画を観たい方は、Fire TV Stickを別途購入してみて下さい。難しいセッティングはほぼなくて、初めだけ無線LAN設定を行えば、あとはなんとUSBをTVに差すだけ。(無線LANの環境がないと使えませんが)

ちなみに、このFire TV Stickがあると、U-NEXTや、Huluなどのコンテンツも簡単にTVで観れます。もちろん、別途サービス契約が必要ですが。

そんなかんなで、我が家では、いつも”差しっぱなし”です。

 

…また話がそれて、今度は『アマゾンプライム』の宣伝みたくなってしまいました。

トライアル終了後の費用と解約する手順など

U-NEXTの検証に戻ります。

無料トライアルをしてみて、『自分にはあわないな…』と思った方が注意しないといけないのは、31日間の無料トライアル後には、退会手続きを取らなければ、自動で有料会員になってしまう点です。

「あぁ、うっかり忘れていた!」

場合でも、有料会員になっちゃいますのでお気を付けください。

もちろん、サービスに納得してこのまま続ける方は気にする必要ありません。

 

料金が高い理由は、毎月ポイント付与される1,000ポイントにあります。

このポイントは新作映画などに利用できるので、見放題だけの費用は実質1,990円-1,000と考える事もできますね。

 

無料トライアルの解約の手順はいがいと簡単でした。

でも、堂々と「解約はコチラから」とは示してくれないのが、こういうサービスによくある点です。

また解約可能期間については、トライアル申し込み時のクレジットカード番号入力画面と同じページの上の「お手続き内容」と言う箇所に、

「無料期間終了後は月額利用料〇〇円(税抜)がかかります。」

「お客様の場合、2017年〇月〇日までであればいつでも無料で解約できます。」

と記載が出ていますので、きちんと確認しておきましょう。

自分に合わないなと思ったら、ギリギリまで引き延ばさずに、日にちに余裕を持って退会手続きをする方が、トラブルを防げそうですかね。

 

それで肝心の解約の手順は、

画面左上のメニュー「三」のアイコンを開き、一番下にある「設定・サポート」⇒「お客様サポート」⇒「お客様認証」でIDとPASSを入力⇒「サービスのお手続き」で現在の契約内容が出るので、「お手続」の欄にある「解約」ボタンを選択します。

「確認画面」で解約理由のアンケートがでますので、2か所ほど答えてから「確定する」ボタンを選択します。解約手続き完了の画面が表れたら終了です。

 

なお、音楽聞き放題ありのトライアルに登録された人は、「ビデオ見放題サービス」と「音楽ポイントサービス」それぞれ退会手続きをする必要があります。

全部で3分ぐらいでした。

 

↑U-NEXTの無料トライアルに申し込む

U-NEXTのメリット

メリットは沢山あります。

  • 新作あり
  • デジタル先行配信でレンタルより新作が早く観られる
  • 借りたり返したりの手間がない
  • 延滞料を気にしなくていい
  • 見逃していた名作を発掘できる
  • PC・スマホやタブレットなど端末で気軽に観られる
  • 話題の最新国内ドラマなどのコンテンツも豊富
  • 余ったポイントで電子書籍(コミック・書籍)が買える
  • 有名雑誌が読み放題
  • なつかしいアニメが見放題(北斗の拳・ハンターハンターとかもありました)
  • ディズニーアニメもあり
  • アダルトあり(「見放題」があるのはU-NEXTだけみたいです。)
  • スマホなどの端末にダウンロード視聴可能(全部ではない)。電波に頼るストリーミングではなく、オフライン再生が可能でゆっくり楽しめる
  • 画質が綺麗(とくにスマホでの高画質は驚き)
  • コンテンツ選択画面は、基本サクサク進む
  • 1契約で最大4人まで無料のファミリーアカウントで同時4視聴が可能
  • 余ったポイントはイオン系映画館での割引ポイントになる

ファミリーアカウントで見る時は、アダルトに注意が必要そうです。
(ペアレンタル・コントロールあり)

 

U-NEXTのデメリット

しかしながら、やはりデメリットもあります。

  • 他の動画配信サービスよりは少し高い。月2,000円(税抜)。
  • ポイント課金が高い 例)新作540円(ポイント) 一般人気作品324円など
  • 新作でなくても人気作はポイント課金
  • 全作品があるわけではない
  • 海外ドラマ少なめ。英語学習用など海外ドラマがメインに観たい人ならHuluの方がベターかも。

残念ながら最新映画の場合は、ほとんどポイント課金でした。

新作映画の単価は高いので、毎月新作を何本も観たい人は逆にコストがあがることでしょう。それでも、月に2本程度は新作も観たい方や、映画に行くよりは便利で安くなりますね。

 

U-NEXTの対応端末は?

「スマホでキレイにみえます」

他の動画配信でも同じですが、

一番初めには、これは思っていたよりも、感動しました。

対応端末は、パソコン、スマホ・タブレット(unextアプリをインストール)・PlayStation Vita・Amazon Fire TV、Fire TV Stick、Chromecast、その他対応TVなどです。

 

もちろん、手持ちのiPad air2でも綺麗に観れます。Fire TV Stickを購入する前に、TVの大画面で観たかった時には、PCとTVを直接HDMIケーブルで繋げる荒業で鑑賞していました。

自宅は60インチのTVのせいか、多少は画面が劣化しブルーレイほどではないものの、DVD並みの解像度ぐらいには感じられます。きれい、きれい。

でも、すでにアマゾンプライムなどに入っていて、Fire TV Stickなどをお持ちの方は、そちらを使いましょう。遥かに綺麗に映ります。

 

携帯端末の利点は、やはりダウンロードして持ち歩けること、ですね。

たとえば、往復2時間のひまな通勤・通学を利用して、なんとなく観てみたかった「あの映画」をダウンロードしておけば、いいヒマつぶしになります。

 

U-NEXTの感想まとめ

メリット・デメリットいろいろありましたが、

勝手に思うにU-NEXTはこんな人向けです。

  • 近くにレンタル店が無い方
  • 借りたり貸したりの時間を節約したい方
  • 新作映画を毎月1~2本程度見たい方
  • コミックや書籍、雑誌をよく読む方

映画は他のサービスでもほぼ同様ですが、PCやスマホなどの端末からも観ている途中で再生を止め、後に端末を変えて再生し直しても、自動で前に見ていた場面から再生してくれます。

これは、日々のスキマ時間を利用できて大変便利です。

 

とくに、近くにレンタル店舗がなかったり、店舗に行くのがめんどくさがりな人には動画配信サービスは便利です。私の動画配信おすすめNO.1は、今のところは、圧倒的にアマゾンプライムですが、雑誌を定期的に読む方や新作映画も毎月観たいという方であれば、U-NEXTに軍配があがります。

ポイントを使えば無料で視聴ができますので、以下のサイトより興味のあるコンテンツが見つかれば、まずは1か月間無料トライアルに申し込んでみてはいかがでしょうか。

↑U-NEXT無料トライアルに申し込む

U-NEXT無料お試しの注意点

無料視聴期間は、31日間

期間内に解約手続きを取らないと、自動で次月から有料サービスになることと、有料ポイントの使い過ぎには、注意が必要でしょうね。

初めに配布されたポイント以上を使ってしまうと、別途課金になるのでこちらもご注意ください。

(どの動画が見放題orポイントなのかは、各コンテンツ内の【白黒アイコン】で表示されています。)

 

以上、うまく動画配信の無料トライアルを活用してみてはいかがでしょうか。

【追記】
その後、I Love スヌーピースターウォーズジェダイの覚醒を見た後に、無事に退会することができました。新作のリリースはレンタルより早いのは嬉しいですね。

また、コンテンツについては、「プラダを着た悪魔」とか「デスノート」とかはポイント消化(有料)でこの辺りはアマゾンプライムと同様です。

 

逃げるは恥だが役に立つ↑U-NEXT無料トライアルに申し込む

 - 生活改善 ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

プロパンガス高い
電力自由化の前に、ガス代を見直そう。無駄に高い「プロパンガス業者」ならさっさと替えてしまえ【怒】!

「なんでこんなにガス代が高いんだ!?」 冬場はエアコンなどの電気代のみならず、風 …

エベレスト 映画
ゲオチャンネルも無料お試し始めたので、さっそく視聴してみたよ!ゲオの本気は〇〇にあり。

前回の「U-NEXT」に続き、今回はゲオチャンネルを無料視聴してみました。 関連 …