優待・配当株をひたすら増やしてみると

株には夢がある!と個別銘柄にあれこれいいながら、だんだん株以外のことについても語っています。

*

「なにこれ怖い。」雨上がりの自宅に謎の黄色い粉が襲った!

      2016/03/15

雨上がり黄色い物体の正体

雨上がりの埼玉県。
今朝、自宅のバルコニーを何気にのぞいてみると謎の黄色い粉があちこちに。

「なにこれ?気持ちわるッ!」

目を凝らしてよく見てみると、コンクリ床の浅いくぼみ辺りに固まっているようです。こりゃ、前日の雨水と関係ありそう。

これが砂金だったら嬉しいんですが、そんな神様聞いたことない。

「花粉?でもこんなにはっきり?」

これは調査が必要だ。
ということで検証してみることに。

スポンサーリンク

「謎の黄色い粉」ネットで調査開始

いきなり未確認物質に近寄っては危険です。

なので、まずネットで調査開始。

同じ埼玉在住の方。これはまさにうちと同じ。

 

8日とあるので、4日前ですね。

PM2.5に黄砂、花粉。色々な可能性があります。

 

黄色い粉で調べていたら、こんなのにあたりました。
なにこれ怖い。

そういえば、原発事故後の3月20日に関東に降り注いだ「謎の黄色い粉」が放射性物質ではないかと一時期話題になりました。報道的には花粉ということでかたがつきましたが、いまだに放射性物質の可能性を訴えている人もいるようです。

 

黄色い粉に触ってみる

次にバルコニーへ出て、実際に近づいてみます。
雨上がりの黄色い粉薄いレモン色。イエローパウダー。ちょっときれいだな…。

いやいや、放射性物質かもしれん。

劣化ウランは酸化すると黄色になるのだそうです。

気を引き締めなければ。

 

黄色い粉に触ってみるでも、触っちゃう。

放射性物質だったら完全にOUTです。

まさに命知らず。

サラサラしているかと思ったが、まだ水を含んでいるせいか柔らかい。

片栗粉を水でといた感じ。
さすがになめてみる勇気はなかったとですよ。

黄色い粉の正体の可能性

1分ぐらいで戻ってきて、

この黄色い粉の可能性を考えてみました。

  1. 放射性物質
  2. PM2.5
  3. 黄砂
  4. 花粉
  5. 隣人の嫌がらせ

一番怖いのは、放射性物質。こんなに目ではっきり見えるほどなら、埼玉の放射能も半端ない測定値になっているはず…。ということで、
新・全国の放射能情報一覧

福島原発周辺は、不気味に真っ赤になっています。
あの震災から5年が経ち、我々の危機意識もずいぶんと薄くなったものですが、問題はいまだに解決されていないのですよね。

でもわが埼玉県は一部のエリアを除けば、そんなに騒ぐほどでもないようです。

 

PM2.5は、専門情報サイトによると、ここ数日はあまり飛んでいなかった様子。

それに真っ先にPM2.5の影響を受けやすい中国に近いエリア(九州・四国・関西など)で、「黄色い粉」の報告があまりなかったことから考えれば、PM2.5の可能性は薄そうです。
PM2.5まとめ

 

黄砂の方はここ数日でみると、韓国以外ではほとんど観測されていないですね。
気象庁黄砂情報(実況図)

やっぱり花粉か?

たしかに連日の花粉情報では、猛威を振るっています。
昨日も今日も、花粉レベルは5段階中4段目の「多い」

最後は隣人のいたずら説。これだったらいろんな意味で残念ですが、わざわざ人の家のバルコニーに忍び込んで、黄色い粉をばらまいて去っていく理由がわからんです。

ある意味、これが一番怖いかも。

 

そして結論

さっきから、くしゃみと鼻水が止まりません。
今日はバルコニー意外に外に出ていません。

実はいろいろな可能性を探り、これを書いている間にも、なんとなく気がついてはいました。

調査のため訪れたブログの中には、黄色い粉に関連して「放射性物資の放出を意図的に隠している〇〇電力の陰謀」などを訴える方などもいて、長時間読みふけってたりもしました。

「僕らは騙されている…のか?」

しかしながら時に人は、論理や理屈を抜きにして、瞬時に物事の本質を見極められる力が備わっています。

 

それは、

体感的に言って、

 

「ヤツです。間違いない。」
そう、私は重度の花粉症患者

でも福島原発上空を経由して、飛散した花粉かもしれない?

放射性花粉。考えただけでゾッとしますね。

 - 冒険 ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした