優待・配当株をひたすら増やしてみると

株には夢がある!とIPOや株主優待、たまに仮想通貨などマネーに関わること中心に語っています。

*

マーク・ザッカーバーグ氏が5.5兆円寄付する理由

      2015/12/04

マークザッカ―バーグ寄付
本日の日経平均は、小幅の反発となりました。
19,939.90円 前日比 +1.77円(+0.01%)

1.77円の上昇って…。

“小幅反発”というより、”微反発“と表現した方がより適切かもしれません。

前場の始まりは、前日のNYダウ安を受けてのマイナススタートだったものの、後場14時過ぎからは水面下へと急上昇。

相場が終わる15時の5分前からは逆に値を下げて、かろうじてのプラス引けでした。

スポンサーリンク

お金持ちの社会的意義

フェイスブックの創業者、マーク・ザッカ―バーグが保有株の99%を生涯に渡って寄付をすると発表したそうですね。

99%は現時点の時価総額で、なんと約5.5兆円相当。

この発表は、自身のフェイスブック上に投稿された12月1日に生まれた第一子となる娘さん”Max”への手紙”A letter to our daughter”の中で語られています。

↓マーク・ザッカ―バーグ本人(偽物も多い)のFB
https://www.facebook.com/zuck?_rdr=p

↓かなり長い手紙
https://www.facebook.com/notes/mark-zuckerberg/a-letter-to-our-daughter/10153375081581634

“Like all parents, we want you to grow up in a world better than ours today.”

すべての両親と同様に、我々(マイクと妻のプリシア)は現在の我々の世界より素晴らしい世界で、君(マックス)が成長していってほしい。

あんまり長いので、最初の方の一文だけ引っ張ってきましたが、これだけでも今回の寄付の理由が垣間見える気がします。

でもけっして自分の子供だけではなく、影響力のある身としては、次世代のすべての子供たちに道徳的な責任をも感じているようです。

 

最後の結びの分です。

“Max, we love you and feel a great responsibility to leave the world a better place for you and all children. We wish you a life filled with the same love, hope and joy you give us. We can’t wait to see what you bring to this world.”
マックス。私たちは君を愛していて、君とすべての子供たちにとって、世界をより素晴らしい場所として残しておくための重大な責任を感じています。私たちは、君が僕らに与えてくれたのと同じ愛や希望、そして喜びに満ちた人生を歩んでくれることを望んでいます。君が世界にとって、どんな(素晴らしい)ものをもたらしてくれるのか、僕らは待ちきれません。

 

Love,

愛をこめて

Mom and Dad

父と母より

日本ではなぜかなかなか聞けない、スケールの大きなさわやかな話ですよね。日本の大富豪からは、なぜこういった話が聞こえてこないのでしょうか?

 

日本にも「伝説の億万長者」本多静六氏のように、資産の大部分を匿名で寄付する人は実際にいます。でも、「寄付を隠すことが美徳」みたいな文化があるためか、あまり表にでてきません。でも、このぐらい気持ちよく世に訴えた方が、単なる実質的な援助としてだけでなくて、世の中の人々の気持ちをも救うよいお手本になるのでは?

 

僕も子供を持つ一人の親として感じるのは、無垢で輝かしい子供の誕生を目の前にして、純粋に子供のお手本となるような立派な自分らでありたいと思ったのではないでしょうか。

そのために、自分らが出来ることをしよう。

 

超格差社会と呼ばれるアメリカですが、まんざら捨てたものでもないなと思う半面、ちっぽけな自分も、今できることをやっていこうと思ったのでした。

 - お金に疲れた人に贈る話 ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

allyouneedislove
お金に疲れた人に贈るお話【ニックブイチチ】

photo by Vinoth Chandar ニックブイチチ。 なにかのおまじ …